ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JR西日本が新快速「Aシート」指定席販売を延長

JR西日本が米原駅~姫路駅間などで運行する新快速では、2編成で座席定員制の車両「Aシート」付きの列車を2019年から運行中です。2020年12月からは一部座席について指定席も発売され、7月からはその座席数も12席から20席へ増やすことになりました。さらに、チケットレスを活用することにより割引料金で指定席へ乗車することも可能です。


JR西日本が新快速「Aシート」指定席販売を延長

新快速のAシート指定席を20席に増加

JR西日本は、京都線・神戸線の新快速で運行中の有料席「Aシート」について、2021年7月1日より指定席数を12席から20席に増加することを発表しました。Aシートは、新快速の223系列車2編成の1両を有料席向けに座席を改造し、2020年3月16日より運行が行われています。

Aシートの車内には、リクライニング機能付きの座席が46席設けられ、座席のあるエリアは立席利用ができません(デッキ付近は立席可能)。また、各座席にはテーブルや電源コンセントも用意され、車内からはWi-Fi接続でネット利用もできます。

Aシートが連結された新快速は、野洲駅~姫路駅・網干駅で毎日2往復運行され、2020年の運行開始当時は全席自由席で、座席の確保を確認後に、500円の乗車整理券を車内で購入する仕組みでした。また、Aシートの座席エリアと立ち席エリアは透明なアクリル板で仕切られ、空席の有無をデッキ部から確認することが可能です。

新快速Aシートのチケットレス価格

全席自由席のAシートに指定席が追加されたのは、2020年12月1日からのことで、当初は12席限定で2021年2月28日までの期間限定でした。ところが、指定席が好評だったこともあり6月30日まで運用を延長。さらに、指定席の運用が7月1日~9月1日まで再延長することとなり、あわせて座席数も20席まで拡大されます。

Aシートの指定席券料金は通常830円で、駅のみどりの窓口などで乗車1か月前から購入可能。さらに、JR西日本のWeb予約サイト「e5489」ではチケットレス指定席券も販売され、チケットレス価格は600円(夕方の野洲駅発は450円)と通常料金より230円(380円)割安です。

なお、Aシートの運行は平日と土曜休日でダイヤが異なり、平日は網干駅7時22分、姫路発18時10分、野洲駅10時59分・20時59分発。休日は姫路駅8時40分・16時10分、野洲駅11時59分・19時34分発で、平日ダイヤは通勤向け、休日ダイヤは行楽向けとなっています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。