ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaに銀行口座からチャージできるアプリ登場

各種Suicaのなかでも、モバイルSuicaはどこからでもクレジットカードを使いチャージできることが大きなメリットです。しかし、何らかの事情でクレジットカードが使えず現金もない場合、モバイルSuicaへのチャージが難しくなります。そうしたなか、ローソン銀行が銀行口座からモバイルSuicaへチャージできるアプリを発表しました。


Suicaに銀行口座からチャージできるアプリ登場

iPhoneで銀行口座からSuicaチャージ

Suicaへの銀行口座からのチャージは、かつてはモバイルSuica向けに三菱UFJ銀行・みずほ銀行・じぶん銀行向けのサービスが存在。しかし、三菱UFJ銀行は2019年7月、みずほ銀行・じぶん銀行は2019年9月にサービスを休止してしまいました。

その後も、みずほ銀行についてはiPhone限定で同銀行のデビットカードアプリ「Mizuho Suica」を利用する方法があり、公式に銀行口座からSuicaチャージできる唯一のものとなっています。

また、Apple Payにデビットカードを登録し、Apple PayのSuicaへチャージする裏技も紹介されており、実際に登録できることもあるようです。一方、Google PayはモバイルSuicaチャージに使えるのはクレジットカードのみ、楽天Payは楽天カードのみで、Android端末へ銀行口座からチャージする手段はありませんでした。

Suicaの銀行口座チャージはAndroid用

しかし、3月15日からローソン銀行がSuicaチャージ用アプリ「Suitto」のサービスをスタート。SuittoはAndroid向けのアプリで、Google Playストアから無料ダウンロード可能です。Suittoの利用には事前の会員登録が必要で、Suicaチャージ用の銀行口座を紐付けることで、Suicaチャージ専用のデビットカードとなります。

Suittoに登録できる銀行口座は、ローソン銀行のほかに提携先の青森銀行・神奈川銀行など10行の普通預金口座です。アプリ上で銀行口座を登録後、登録した口座のキャッシュカードを利用してローソン銀行ATMで確認番号を入手。その番号をアプリ上で入力して認証を行う仕組みです。

Suittoの登録作業が完了すると、アプリ上で銀行口座の残高からSuicaチャージが行えます。ただし、チャージ先のSuicaはモバイルSuicaに限られるほか、各銀行のデビットカード利用時間帯のみの対応となるため、深夜にSuicaを利用する機会が多い人は利用可能時間帯を事前チェックしておいた方が無難です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事