ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フーセンガムの当たりをパッケージで見抜く方法

当たりが出たらもう1つもらえるフーセンガムは駄菓子の定番商品。昔からのベストセラーです。そんなフーセンガムの当たりはパッケージの違いで見抜くのが基本。当たりは製造ラインが異なるからです。フーセンガムの当たりは印刷のズレだけでなく、包装をはがすテープの位置でも見抜くことができます。


スポンサーリンク
フーセンガムの当たりをパッケージで見抜く方法

フーセンガムの王道がフェリックス

当たり付きフーセンガムの王道が、丸川製菓の「フィリックスガム」です。イチゴ味のフーセンガムは40年以上も前から価格据え置きの1個10円。当たりの紙が入っていれば、もう1個もらえるシステムも変わっていません。

フーセンガムの当たりは、異端児を見つける“仲間外れの法則”で攻略できます。本体裏側の包装紙の接着が荒く、曲がって付いており、はみ出しが多い多数派がハズレ。きちんと巻かれている仲間外れが当たりでした。

1箱の中に6個の丸いガムが入った丸川製菓の「マーブルフーセンガム」も当たり付きで有名。四角い箱を開けた内フラップに「あたり」も文字があれば当たりです。11箱に1箱の確率で当たりが入っています。

フーセンガムの当たりを見抜く方法

マーブルフーセンガムの当たりを見抜く方法は2つ。1つは印刷のズレです。検証した商品では、側面の文字部分「かみおわったら…」の注意書きの部分が、ハズレと当たりでは微妙に位置が違っていました。

もう1つ、当たりを見抜く方法が包装しているビニール袋をはがすテープの位置。当たりとはずれで製造ラインが違うため、印刷の違いと同様、包装しているビニール袋にも違いが出てくるのです。

包装のテープの位置をよく見てみると、ハズレは「あたり」の文字の「た」と「り」の間にあります。当たりは包装をはがすテープの位置が「り」の字に完全にかかっていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事