ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フィリックスガムの当たりの確率とその見分け方

フィリックスガムは、包装紙にフィリックス・ザ・キャットが描かれている、おなじみのマルカワ製菓の当たり付き10円ガムです。フィリックスガムなどの駄菓子の当たりの見分け方は印刷のズレを探すのが基本になります。しかし、フィリックスの10円ガムは包装の接合部の違いで当たりが判別できるのです。


フィリックスガムの当たりは包装の接合部で判別

フィリックスの10円ガム当たり見分け方

当たり付き10円ガムの王道が、マルカワ製菓の「フィリックスガム」です。イチゴ味のフィリックスガムは40年以上も前から価格据え置きの1個10円。フィリックスガムは当たりの紙が入っていれば、もう1個もらえるシステムも変わっていません。

フィリックスガムは、当たりという異端児を見つける“仲間外れの法則”で攻略できました。フィリックスガムの当たりの見分け方を紹介しましょう。

フィリックスガムの大多数のハズレは、包装紙の接合部があからさまにズレて飛び出していました。すなわち、フィリックスガム本体裏側の包装紙の接着が荒く、曲がって付いており、はみ出しが多い多数派がハズレです。

フィリックスガムの当たりの確率

そして、包装紙がきちんと巻かれているフィリックスガムが当たりでした。フィリックスガムの当たりは赤い包装紙がズレなくキレイに巻かれているので、ひと目で分かるでしょう。

ちなみに、フィリックスガムは1箱60個入り。フィリックスガムはこの中に当たりが5個入っていました。すなわち、フィリックスガムの当たりの確率は12分の1ということ。フィリックスガムの当たりの確率はパーセンテージでいうと8.3%です。そして、フィリックスガムの当たり5個とも包装の接合部がきれいに接着されていました。

ただし、マルカワ製菓ではフィリックスガムのような包装紙タイプの当たり付き10円ガムの姉妹品があります。このうち、1箱に複数の包装紙がある10円ガムの当たりには“仲間外れの法則”の見分け方は通用しませんでした。

■「ガムの当たり」おすすめ記事
マルカワのフーセンガムの当たり攻略マニュアル
マルカワのフーセンガムの当たりを判別する方法
どんぐりガムの当たりを印刷の違いで完全攻略
のらくろガムの当たりは印刷より「巻き」で判別

■「当たり」おすすめ記事
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
チョコボールの当たりを見分ける方法まとめ
よっちゃんイカは切り口の長さで当たりがわかる
「ヤッターメン」で儲けるための傾向と対策

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事