ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

FireTVとChromecastはココが大きく違っている

Hulu、プライム・ビデオ、YouTubeなどの動画配信サービスをテレビで見るなら、ストリーミングデバイスを利用すれば解決です。さまざまな製品がありますが、Amazonの「Fire TV」シリーズと、Googleの「Chromecast」がストリーミングデバイス界の2強です。


スポンサーリンク
FireTVとChromecastはココが大きく違っている

FireTVとChromecastは大きく違う

FireTVもChromecastもHDMIでテレビにつなぎ、インターネットに接続するだけで簡単に映像をテレビに映し出せます。ただし、ストリーミングデバイスでも、両者は仕組みが大きく違っています。

FireTVは本体ですべての処理を行い、それをリモコンで操作するため、いわゆる家電的な使用感です。専用のメニュー画面があり、そこにアプリを追加することで動画を視聴します。

具体的には、テレビやBDレコーダーなどの家電と同じように、FireTVもリモコン操作が基本。Amazonのアプリストアから、HuluやYouTubeなどのアプリをインストールして使います。

一方、Chromecastはスマホ・タブレット上で操作・処理をして、それをChromecastに送信するため、あくまでも受信部というイメージです。専用メニューは無く、手元のスマホがリモコン代わりになります。

Chromecastはスマホで操作を行う

具体的には、Chromecastはスマホでアプリ「Google Home」でセットアップをしたら、各動画アプリごとに操作を行う仕組み。対応の動画アプリを起動して「キャストボタン」を押すだけでOKです。

FireTVはメモリ2GBでストレージ8GB、解像度/フレームレートは最大2160p/最大60fpsです。対応アプリはプライム・ビデオ、DMM.com、ビデオマーケット、DAZN。実勢価格は11,980円、4K非対応のFireStick(4,980円)もあります。

Chromecastはメモリもストレージも未記載。解像度/フレームレートは最大1080p/未記載です。対応アプリは楽天SHOWTIME、ゲオチャンネル、アニメ放題、エムキャス、Dailymotion、Google Playムービー。実勢価格は4,980円で、4K対応のChromecast Ultra(9,720円)もあります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事