ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

YouTubeで稼ぐための動画配信テクニック!

YouTubeに動画を投稿し、再生回数に応じた広告収入で生活する人たちは「YouTuber」と呼ばれています。中でもアメリカでは年収6億円超えが続出中。そして、日本でもついに億超えが登場しました。YouTubeで稼ぐための動画配信テクニックを紹介しましょう。



スポンサーリンク
YouTubeで稼ぐ動画配信テクニック

YouTubeで稼ぐ仕組みとは

YouTubeで稼ぐ日本のYouTuber推定年収ランキングの1位はHIKAKINで1億2,000万円ほど。ヒューマンビートボックスで話題になりました。2位はマックスむらいで8,000万円ほど。パズドラ攻略で一躍人気者になった人です。

3位はKan&Aki’s CHANNELで推定年収7,000万円。小学生3姉妹がお菓子やおもちゃをレビューします。4位はレオンチャンネルで6,600万円。毎日2~3本、男子向けおもちゃのレビューを投稿しています。

YouTubeで稼ぐ仕組みは、動画に連動したバナー広告などからの報酬です。1再生あたり0.1~0.3円の収入といわれます。再生数50万回の動画が4本あれば約20万円以上、手に入るわけです。

YouTubeで稼ぐためのステップ

実際にYouTubeで稼ぐためのステップは、まずはYouTubeアカウントを取得することから。そして、アカウントをパートナープログラムに登録して、動画に広告を設定できるようにします。そして、広告の報酬が支払われるアフィリエイトサービスGoogleアドセンスに登録するのです。

人気動画を作るコツは、高画質で長過ぎず(5~10分)、毎日投稿すること。テーマも重要で、メイクや料理のコツを伝えるノウハウ系、歌ウマ動画、動物モノが今は人気です。

YouTubeで稼ぐために、まずはペットを使った動物系動画から作ってみてはいかがでしょうか? この情報は『ラジオライフ』2014年12月号に掲載されていました。(文/すたみな花子)

■「YouTubeで稼ぐ」おすすめ記事
小遣い稼ぎならプチユーチューバーを目指そう

■「YouTube」おすすめ記事
YouTube広告を消すならアドオンを導入するだけ
YouTube Redの動画配信サービスとしての実力

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事