ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

YouTube Redの動画配信サービスとしての実力

世界最大の動画共有サイト「YouTube」。アメリカでは有料サービス「YouTube Red」が始まりました。YouTube Redは広告の非表示など拡張機能が受けられる有料サービス。無料が大前提だったYouTubeが大きく変わろうとしています。YouTube Redの動画配信サービスとしての実力を検証しました。



スポンサーリンク
YouTube Redの動画配信サービスとしての実力

YouTube Redは広告の非表示が可能

「YouTube Red」は、新たに登場したYouTubeの有料サービスです。YouTube Redは月額9.99ドルで、広告の非表示、バックグランド再生、オフライン再生が可能になるなど拡張機能付きのサービスが受けられます。

さらにYouTube Redは、Googleが展開している他サービスとも連携。音楽配信サービス「YouTube Music」「Google Play Music」も追加料金なしで利用可能になります。

2016年以降は、YouTube Redのオリジナル動画も公開される予定。YouTube Redはアメリカでは2015年10月にサービスが始まっており、日本でも近いうちにスタートする見込みです。

YouTube Redの料金はやや高い設定

YouTube Redを既存の動画配信サービスと比べてみましょう。YouTube Redの月額料金9.99ドルは日本円にすると約1,210円。dTVの540円やHuluの1,008円よりもやや高い設定といえるでしょう。

YouTube Redの特色としては、他サービスとの連携が挙げられます。YouTube MusicやGoogle Play Musicも利用可能なのは、Amazonのプライム会員特典が利用できるプライム・ビデオに近いかもしれません。

アメリカの一部のユーザーからは「スマホでもYouTubeが使いやすくなった」などと好評の声が上がる一方、「料金が高い」「新機能に目新しさがない」といった批判もチラホラ。YouTube Redの今後の成り行きから目が離せません。

■「YouTube」おすすめ記事
YouTubeで稼ぐための動画配信テクニック!
YouTube広告を消すならアドオンを導入するだけ
小遣い稼ぎならプチユーチューバーを目指そう

■「動画配信サービス」おすすめ記事
Amazon動画配信はそのままテレビで見られない
動画配信サービスのお試し期間をチェックする
プライム・ビデオは動画本数が少ない点に注意

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事