ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

動画配信サービスはTVerの登場で新時代に突入

「ヤバい、見逃したッ!」と思ったら、まずは動画共有サイトを検索…という方程式がすっかり定着しています。しかし、ここに来て人気番組を無料配信する動画配信サービス「TVer」がスタート。動画の視聴スタイルは新時代に突入しました。動画配信サービスの現在を見ていきましょう。



スポンサーリンク
動画配信サービスはTVerの登場で新時代に突入

動画配信サービス「TVer」スタート

今や、ネット上にはさまざまな番組が勝手にアップロードされ、簡単に見られるようになっています。特に日本の法律が及ばない中華系のサイトには、放送直後のドラマ、人気アニメ、深夜バラエティなどが満載という始末です。

こういった状況に歯止めをかけるため、著作権者であるテレビ局は、「ニコニコ動画」や「GYAO!」などでアニメやドラマの公式の動画配信サービスを開始しました。

そして2015年10月、民放キー局5社共同で放送直後に人気番組を無料配信する動画配信サービス「TVer」をスタート。会員登録なしで手軽に見逃したドラマやバラエティが、安全かつ高画質で視聴できるようになったわけです。

定額制の動画配信サービスにも注目

さらに、定額制の動画配信サービスにも注目。「Hulu」をはじめとして、低価格をウリに続々と海外のサービスが日本に上陸しています。

「Netflix」は最安で月額702円のプランから。そして、Amazonの即日配達が可能になる有料会員(年3,900円)には、DVDが見放題になるサービス「プライム・ビデオ」が追加。“有料”に対するハードルが、下がりつつあるといえるのです。

つまり、動画視聴のスタイルは新時代に突入したということ。無法サイト、公式配信、有料オンデマンドから自分に合った動画配信サービスを選び使いこなすことで、より快適な動画ライフが満喫できるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年1月号に掲載されていました。

■「動画配信サービス」おすすめ記事
Amazon動画配信はそのままテレビで見られない
YouTube Redの動画配信サービスとしての実力
プライム・ビデオは動画本数が少ない点に注意

■「動画」おすすめ記事
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止

■「TVer」おすすめ記事
見逃したドラマはTVerが定番テクニックになる
スマホでテレビを見るなら「TVer」は神アプリ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事