ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スキミング被害から自分の身を守る方法とは?

銀行のセキュリティ対策が進んだことで、世間的にはスキミングが沈静化したように思われています。はたして、スキミングの脅威は無くなったのでしょうか?答えは“否”です。じつは根本的な対策はいまだ取られていません。スキミング被害から身を守る方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
スキミング被害から自分の身を守る方法とは?

ATMスキミング犯罪の流れを確認

スキミングはスキマーと呼ばれる機材を使って、キャッシュカードやクレジットカードの磁気情報を盗み、偽造カードを作ってお金を引き出すという犯罪です。

ATMスキミング犯罪の流れを確認しましょう。まずATMにスキマーと擬装カメラを設置します。そして、そのATMでキャッシュカードやクレジットカードが使われた際に、磁気情報と暗証番号を入手。その磁気情報を元に偽造カードを作成するのです。

それではどうすれば、このATMスキミングから自分の身を守れるのでしょうか? 答えとしては、ATM利用時に細心の注意を払うしかありません。

不審な穴にはスキミングの可能性

ATMの構造的にスキマーを取り付けるなら、どうしても正規のカード挿入口の上から取り付ける必要が出てきます。そのため、ATM利用時にはカード挿入口を直接手で触り、がたつきがないかなどを確認するのがスキミングを防ぐのに効果的でしょう。

また、偽装カメラから探すという方法もあります。偽装カメラといっても、必ずレンズ穴は存在。そのレンズ穴を確保するために、偽装カメラには必ず直径1mm程度の穴が空いているのです。

ATM周辺にある物からそうした不審な穴を見付けたら、スキミングの可能性アリ。徹底的に調べたり、備え付けの電話などから管理会社に電話するとよいでしょう。この情報は『ラジオライフ別冊』に掲載されていました。

■「スキミング」おすすめ記事
スキミング犯罪は沈静化して見えても油断は禁物
スキミングとは?従来とは一線を画す手口も出現
スキミングでキャッシュカード情報を盗む手口
暗証番号を盗み出すテクニックを再現してみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事