ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

科学捜査研究所の研究員にはどんな階級がある?

科学捜査研究所と聞くと、警察の中でも独立した組織をイメージしますが、実際は刑事部に所属しています。とはいえ、研究員の多くは警察官ではなく技術職員という立場。捜査権も逮捕権もありません。そんな科学捜査研究所の研究員にはどんな階級があるのでしょうか。


スポンサーリンク
科学捜査研究所の研究員にはどんな階級がある?

科学捜査研究所の研究員の階級

警視庁科学捜査研究所は、鑑識課と同じように刑事部に所属しています。所在地は東京・霞ヶ関の警察総合庁舎内で、ここで日々研究が行われているのです。組織としては第一法医科、第二法医科、物理科、文書鑑定科、第一化学科、第二化学科があります。

各専門分野の研究員は他の警察官と同じように試験で昇級。研究員技師からスタートして、研究員主任、専門科長、専門官、科学捜査研究所所長(管理官)という階級を目指すことになります。

所長は警察の階級でいうところの警視にあたり、警視が就任するのが一般的です。すなわち、科学捜査研究所の職員が昇級できる最上級は所長。基本的に、ノンキャリア警察官は警部補までが精一杯。科学捜査研究所も同じような構成です。

科学捜査研究所の5つの専門分野

科学捜査研究所の主な専門分野は5つあります。「法医学分野」は、犯罪現場に残された血液などからDNA型鑑定を行います。専門は分子生物学など。「心理学分野」はポリグラフなどによる虚偽検出を行います。専門は犯罪心理学などです。

「文書分野」は筆跡鑑定・偽造通貨鑑定など、文書偽造や詐欺などを担当。「物理学分野」は火災・交通事故・弾丸・銃捜査などをいます。専門は電気工学など。「化学分野」は覚せい剤・大麻などの違法薬物や、油類といった危険物の分析を担当します。専門は分析化学などです。

よく混同される科学警察研究所(科警研)は、国家試験をパスしたいわゆるキャリア組が所属する警察庁管轄の科学捜査研究所です。科学捜査技術を各県警の科捜研に指導するのが役割となっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事