ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ

警察官には「警視総監・警視監・警視長・警視正・警視・警部・警部補・巡査部長・巡査」という階級以外にも区分が存在します。それが「キャリア」と「ノンキャリア」と呼ばれるものです。ただし、よくある警察のキャリアとノンキャリアの確執はウソ。そもそも役割がまったく違っているのです。


スポンサーリンク
よくある警察キャリアとノンキャリの確執はウソ

警察のキャリアは初任から警部補

警察のキャリアとノンキャリアの区分は、警察官になるために受けた試験の違いで決まります。すなわちキャリアとは国家公務員総合職試験(旧国家公務員Ⅰ種試験)に合格した警察官を指し、身分は国家公務員です。所属も警察庁となり、本部や所轄に派遣されるのは出向の形に近いといえるでしょう。

同じ国家公務員試験でも、一般職試験(旧国家公務員Ⅱ種試験)合格者は「準キャリア」と呼ばれ、これら以外の地方公務員採用者がノンキャリアとなります。

キャリアとノンキャリアの大きな違いは、昇任のスピードです。キャリアは初任から警部補の階級が与えられて10年ほどで警視正となり、その後、警視監、警視総監、警察庁長官への道が開かれています。

警察のキャリア採用は狭き門

一方、準キャリアは巡査部長からスタート、ノンキャリアは巡査からとなるのです。通常、昇任の限度は準キャリアで警視長、ノンキャリアは警視正とさいわれており、現実的にはノンキャリアは警部補までが精一杯だといいます。

ちなみに、キャリア組は東大卒がほとんどで、年間の採用人数はわずか10人から15人程度。大卒のノンキャリアが1,000人程度なので、警察のキャリア採用がいかに狭き門であることは確かでしょう。

なお、これら階級と役職とは密接な関係があります。例えば同じ部長でも、警視庁は警視長、規模の大きな本部なら警視長か警視正、小規模の本部なら警視正クラスが就任し、署活でも大きな所轄の署長は警視正、小さな所轄だと警視クラスが就きます。


スポンサーリンク

警察のキャリアはデスクワーク

したがって、警察のキャリアは若くして重要な役職に就くことができ、ノンキャリアは係長か課長、かなり頑張っても所轄の署長か副署長が関の山といえるのです。この「若くして出世する」キャリアと「現場でたたき上げた」ノンキャリアとの確執が、ドラマなどではおなじみとなっています。

しかし実際は、警察庁と本部の役割が異なるように、キャリアとノンキャリアの役割もまったくといっていいほど異なるもの。キャリアは指導・監督者としてデスクワークが主となり、ノンキャリアは捜査や警備といった実務を担います。

言い換えれば、ドラマにあるような警察のキャリアが現場で率先して動くようなことは、現実的には職務の範囲外といえるのです。とはいえ、警察官として「市民の安全を守る」という職務については、どちらも同じであるのは確かでしょう。

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
警察用語では拳銃はチャカではなく腰道具と呼ぶ
公安警察はデモや集会に私服で必ず張っている

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事