ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官の階級章で職務質問の話す相手を見極める

警察官2人組で行われる職務質問では、どちらか一方が必ず上官です。9つある階級章を見抜いてしまえば、どちらの警察官に権限があるのか分かります。警察官のは階級制なので上官には逆らえないからです。職務質問を受けて話がこじれたら、階級が上の警察官と交渉した方が事態を収めやすいでしょう。警察官の階級章で職務質問の話す相手を見極めるのがセオリーです。


職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める

警察官は階級章で外観から識別できる

警察は階級制になっており、胸に付けた階級章によって外観から識別できます。しかし、キャリアと呼ばれる、いきなり階級が警部補からスタートする警察官は職務質問などしません。

キャリア警察官はすぐに昇進して階級章の棒の数を増やしていきます。階級章に金色が使われる警部補以上の警察官を街中で見かけることは、まずないでしょう。彼らは内勤の官僚たちだからです。

また、ノンキャリアで昇進してきた警部補は、交番や自ら隊などの現場で活動しています。ただし、交番所長や小隊長になり書類仕事が多く、職務質問など現場の第一線で活動する機会は減ってしまいます。

警察官の階級章が銀一色は職務質問する

このため、現場に立って積極的に職務質問してくる警察官は、銀一色の階級章を付けた巡査部長・巡査長・巡査。特に交番勤務で実績を上げて勤務成績優秀者にならないと、巡査部長への昇任試験を受けられない巡査は、必死で職務質問してきます。

ちなみに、警部補からは警視の警察官は階級章の下部が金色、警視正から警視監は全面的に金色になります。巡査から巡査部長の警察官は階級章は銀一色で、左右のバーだけが金色。1本が巡査、2本が巡査長、3本が巡査部長です。

もし職務質問をする2人が同じ階級の場合、指導係の巡査や先輩である「先任(せんにん)」の警察官が上官になり、現場の権限を持ちます。なお、巡査長の警察官は勤続10年にて自動的に昇任するのが通常。巡査部長に昇任できなかった、30歳を過ぎた巡査長の階級章の警察官には慎重に対応した方がよいでしょう。


警察官の階級章は紺色の地に金色の日章

日本の警察は警察法で9階級に区分され、警察官の階級は下から「巡査・巡査部長・警部補・警部・警視・警視正・警視長・警視監・警視総監」となっています。また、巡査と巡査部長の間に「巡査長」という階級もあります

これは、巡査長という階級は勤務成績が優秀で実務経験も豊富なものの、昇任が困難もしくは昇任試験を受けない巡査が任命される、一種の警察官の名誉階級です。警察官の階級章や制帽の階級表示は、この巡査長を含んで規定されています。職務質問で注意すべき警察官の階級章として巡査長が挙げられるのは、これが理由です。

警察官の階級章は中央に紺色の地に金色の日章を配したデザインです。横板の地色とその下の桜葉の色、横板のバーの数で階級を表示。全般的に、階級が高くなるほど金色部分が増えていきます。

警察官の階級章はバーの数が多いほど偉くなる

警察官の階級章はレプリカを購入可能

そんな警察官の階級章は、レプリカを警察グッズとして購入できます。警察の階級章でもっとも高い階級は「警視監」です。警視監は、警視庁では副総監・主要部長レベルとなります。

警視監の階級章の地色は金、草の色も金で、横のバーが3本です。実勢価格は3,800円。警視監の階級章はキャリア組の中でもエリート中のエリートが付けられるもの。まず目にする機会はないでしょう。

警視監の階級章の横のバーが2本になると「警視長」(実勢価格3,400円)、1本になると「警視正」(実勢価格3,000円)になります。警察官の階級章の地色が銀で草の色が金だと、上から「警視・警部・警部補」の階級章になります。


警察官は階級章の他に識別章を装着

さらに、階級章の地色が銀で草の色も銀になると「巡査部長・巡査長・巡査」。実勢価格はバーの数で違っていて、それぞれ3,800円、3,400円、3,000円です。

警察官は階級章の他に識別章を装着。半円部分の表面にはアルファベット2文字と3ケタの数字からなる識別番号が、裏面には所属する都道府県警察の名称が書かれています。識別番号は、その警察官固有の番号です。

胸に着装している階級章と一体型で、識別標の表面と裏面は差し替え可能です。階級章と同じように識別章は警部補クラスと警視正クラス、巡査クラスで地色に違いがあって、警部補クラスの場合は金と銀が混ざった識別章を付けます。警視正クラスは全面が金、巡査クラスは全面が銀。識別章のレプリカはいずれも実勢価格は900円です。

警察官の階級章の上に書かれている個人番号とは

警察官の階級は制帽からも判別可能

じつは警察官の階級は、階級章以外でも見分けることが可能です。それが男性警察官の「制帽」です。サイドの帯章が警察官の階級で違っているのです。巡査から巡査部長までの階級の警察官は帯章は黒地のままですが、警部補は制帽の帯章に紺色の線が織り込まれます。

制帽の帯章の色は警部以上の階級になると金色。さらに階級が上の警視と警視正は金線が2本、警視長と警視監は下の線が太線となります。そして、警視総監は制帽の帯章は2本とも金色の太線となっているのです。

なお、女性警察官の制帽にも2007年から帯章が付いており、男性警察官の制帽と同じように階級によって紺色や金色の線が織り込まれています。


警察官の階級が後方から判別できる

警察官の帽子には、制帽のほか活動服着用の際に装着する「活動帽」があります。実はこの活動帽にも警察官の階級が表示されているのです。場所は後頭部あたり。濃紺色の小さな布に警察官の階級を示す線が入っています。

巡査は細い白線で、巡査長は太めの白線、巡査部長は2本の細い白線です。警部補は下が太くなって、警部は2本とも太い白線といった具合に警察官の階級で線が増えたり太くなったりします。このように活動帽をかぶっている時は、後方から警察官はの階級を判別することが可能です。

このほか、警察官の制服の袖のライン(袖章)は、巡査部長になれば蛇腹に銀色の線が付き、警部補と警部は金色に。警視と警視正の階級の警察官は太い蛇腹と細い蛇腹の2本となり、警視長と警視監は太い蛇腹が2本。警視総監は太い蛇腹が3本ですが、警視以上でも金線は1本だけとなります。

警察官の階級は活動帽の後方から確認可能

■「職務質問」おすすめ記事
職務質問は任意だが拒否し続けると現行犯逮捕!?
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事