ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Apple Musicの使い方は試用の自動更新に注意

Apple MusicはiOS専用(Androidにも今秋対応予定)の音楽配信サービスです。月額980円ですが、3か月間は無料で試用できます。ただし、Apple Musicの使い方では試用期間中の設定に注意が必要です。基本的なApple Musicの使い方と、自動更新をオフにする設定方法を紹介しましょう。



スポンサーリンク
Apple Musicの使い方は試用の自動更新に注意

実際のApple Musicの使い方

Apple Musicはユーザーのお気に入りジャンルやアーティストを登録することで、オススメの音楽を提案してくれるのが大きな魅力です。また、iTunesのライブラリに楽曲を登録して管理できるのも便利です。

実際のApple Musicの使い方を詳しく見ていきましょう。Apple MusicはApple IDがあればすぐに登録できます。iPhoneの設定画面で「iTunes & AppStore」をタップ。Apple IDが登録されているのを確認します。

続いて、設定画面の「ミュージック」を開いて「Apple Musicに登録」を選択。そこで契約プランを選びます。1人で利用するなら「個人」、家族で共用するなら「ファミリー」を選んでください。

試用のApple Musicの使い方

Apple Musicを利用するには最初に初期登録が必要です。登録後はApple Musicの初期設定を行います。J-PoPやジャズなど、好きな音楽のジャンルを登録しましょう。

次に好きなアーティストを選択。これで初期設定は完了です。Apple Musicを起動すると、設定した好みに合わせて自分向けの音楽情報を表示してくれます。

Apple Musicの使い方で、3か月間の無料試用をする人もいるでしょう。ここで試用するだけなら自動更新は必ずオフにしておきます。App Storeを起動して「おすすめ」ページの最下部に移動。「Apple ID」をタップします。

Apple IDにサインインして「管理」へ進み、「Apple Musicメンバーシップ」を選択。自動更新をオフにしておきます。さもないと試用期間後に有料プランに移行し、980円引かれてしまうのです。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。

■「Apple Musicの使い方」おすすめ記事
Apple Musicの基本的な使い方をマスターする
Apple Musicの使い方で覚えておきたい便利ワザ

■「音楽配信サービス」おすすめ記事
音楽配信サービスで損しないための基礎知識
音楽配信ならGoogleとAWAの2つがベストチョイス
LINE MUSICの使い方!オフライン再生する方法
AWA Musicは無料期間が90日間でもっともお得

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事