ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレーマーにカモにされやすいタイプはこんな人

世の中にはクレーマーにカモにされやすいタイプが存在します。簡単にいえば、プライドの高い人はクレーマーに弱いタイプ。謝れなかったりムダに待たせたりと、クレーマーに対するNG行動ばかりとってしまいがちです。クレームに弱い人の特徴を把握して、クレーマー対応に生かしましょう。



スポンサーリンク
クレーマーにカモにされやすいタイプはこんな人

クレーマーに弱い人は謝れない

クレーマーに弱い人とはどんな人でしょう。総じて自信満々なプライドの高い人間が、クレーマーのカモになりやすいようです。2~3時間攻め続けられると心が折れてしまいます。

しかもピンチを切り抜けるために、その場しのぎの約束をしてしまうのもこのタイプにありがち。後日「この間の話と違うじゃないか」と攻め寄られ、窮地に立たされてしまうことになるのです。

とくに「謝れない」ことはクレーマーの格好の餌食。「弊社では前例がなく…」「自分の担当外で」と言い訳をして自分の非を認めることができません。相手を不快にさせた点のみに限定して、謝る方法もあるのですが…。

クレーマーをムダに待たせない

クレーマーに対して直接会おうとせず逃げ回るのも、このタイプがよくする対応。「ムダに待たせる」こともクレーマーにはNG行動です。

プロクレーマーは、会うまでに時間がかかると、その分因縁を付けるもの。責任逃れの印象を与えて、状況はさらに悪化するだけです。予定をすべてキャンセルして対応するくらいの姿勢は見せたいところでしょう。

大企業の正社員や公務員は、自分が所属する団体が大きいと、不遜な態度をとりがち。かといって、特別に便宜を図れるほどの権限はないので防戦一方になってしまいます。「社会的身分が高い」という自意識をクレーマーは見逃しません。

■「クレーマー」おすすめ記事
クレーマーが世に知れ渡るきっかけとなった事件
クレーマー対応は「NGワードをいうまで待つ」
悪質クレーマーが苦手とするタイプはどんな人?

■「クレーム」おすすめ記事
牛丼チェーンのクレーム対応は郵便為替が多い
クレーム対応で代替品が大量に届いたケースとは
クレームで居座り続けると不退去罪で逮捕される
クレーム代行業者の「要求を認めさせる4か条」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事