ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

特別養護老人ホームの費用を安くする裏ワザ

特別養護老人ホームの食事代や個室代などの費用を安くする裏ワザが「介護保険負担限度額認定証」です。この手続きを行えば最大で月に5万円以上、年間で62万円も費用を安くできます。年収による制限がありますが、親族の住所を変え方で認定を受けられる可能性もアップします。



スポンサーリンク
特別養護老人ホームの費用を安くする

特別養護老人ホームの費用が割引き

わけあって親族が特別養護老人ホームに入るという時、ほとんど知られていない裏ワザがあります。それは利用料を安くする「介護保険負担限度額認定証」というシステムの存在です。

全国各市町村の介護保険窓口で利用でき、「介護保険負担限度額認定証」の申請手続きを行えば、食費が最大4分の1になります。月4万円のところが1万円程度になり、1か月あたり3万円以上の割引きになるのです。

個室を利用する場合の個室代も半額以下になります。月3万5千円ほどのところが1万円強となって、1か月あたり毎月2万円以上も安く利用できるということ。食事代と個室代を合わせれば月に最大で5万円以上、年間で62万円も安くなるということです。

特別養護老人ホームに住所を変える

この認定は年収などにより負担額が4段階に分けられており、最大幅の割引を受けるには住民税非課税の世帯か(第1段階)、少額の年金のみの収入である必要があります(第2段階)。

そのため、特別養護老人ホームに入居した親族の住所はそのホームに変え、単独の世帯とするのです。これで本来の同居家族が働いていても非課税世帯になるので、最大の割引額で認定を受けられる可能性がアップします。

介護保険負担限度額認定証の解説は、各自治体のWebサイトに掲載されているのでチェックしてみましょう。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事