ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

料金所ETCゲート設置のにいくらかかるかが判明

ETCが導入された当初、普及のネックになっていたのはETC車載器の価格だけでなく、ETCゲートを設置するための費用だともいわれていました。当時は1レーンにつき1億円以上ともいわれていましたが、NEXCO東日本のWebサイトで公開されている情報を見ると、ETCゲートの設置費用は今では大幅に安くなっているようです。


料金所にETCゲートを設置するにはいくらかかる?

ETCゲートの設置費用がわかる入札情報

NEXCO3社は官公庁に準ずる会社ということで、各種工事に関する入札情報をWebサイトで公開しています。NEXCO東日本の2019年分の入札情報を見ると、北海道支社内のETC設備工事がまとめて入札を行っていて、落札金額は約177億円でした。

しかし、これだけでは料金所のETCゲートの設置費用は分かりません。そこで、入札結果を詳しく見ていくと、「積算内訳書」が公開されていました。積算内訳書とは、公共事業へ入札する会社が事前に「どこにいくら費用がかかるか」を見積もって提出したリストです。

積算内訳書によると、2019年には道央道の大沼公園IC・森IC・苫小牧東ICでETC設備の入れ替え工事を予定。設置に掛かる費用は大沼公園ICが4レーン分で約2億3700万円、森ICが4レーン分で約2億4000万円、苫小牧東ICが2レーン分で約1億6200万円となっています。

ETCゲート設置費用は1レーン6000万円

この金額から計算すると、ETCゲートの設置費用は4レーンの場合は1レーンあたり約6000万円、2レーンの場合は1レーンあたり約8000万円ということになります。

なお、ETCゲートは設置数に関わらず、サーバーなど必ず1台は必要になる設備があります。このため、2レーン設置の方が割高になるのは致し方ないところでしょう。

また、各レーンごとにどのような機器が設置されるかも、積算内訳書からわかります。例えば、入口・出口の両方に必要になるのが第1アンテナと再通信アンテナ・インターホン・バー(発進制御器)といった設備。ETC情報が記録済みかチェックする第2アンテナは入口のみ取り付けられていることもわかりました。

■「ETC」おすすめ記事
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事