ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用

Windows10に比べて、使い込んだWindows7の動作が鈍くなるのは否めません。そんな長年愛用してきたWindows7は、メンテナンスソフトで高速化しましょう。また、デフラグツールによるHDDの最適化によっても、データの読み書きを高速化することができます。



スポンサーリンク
Windows7高速化はメンテナンスソフトを活用

Windows7の高速化にソフトを活用

長年使っているWindows7は、システムにファイルが貯まり、それが動作を遅くさせる原因となっています。このようなゴミファイルを削除してWindows7を高速化するには、メンテナンスソフト「Glary Utilities」が便利です。

メンテナンスソフトは、Windows7システムをスキャンしてゴミファイルを見つけ出し、一括削除してくれます。面倒なメンテナンスをワンクリックでまとめてできて便利です。

さっそくWindows7の高速化に、メンテナンスソフトを活用する方法を紹介します。まずメンテナンスソフトは初期設定ではフランス語なので、Menuから設定を開き、言語を日本語化しておきましょう。

Windows7のデータ読み書きが高速化

「1-クリックメンテナンス」を開き、「問題点をスキャン」をクリック。レジストリなどにゴミファイルが見つかります。あとは「問題点を修復」をクリックして削除すれば作業は完了です。

また、HDDは使い込めば使い込むほどファイルの断片化が起こり、読み書きが遅くなってしまいます。これを解消するために標準で用意されているのが「ディスクデフラグツール」です。

「ディスクの分析」で断片化状況を調べ、「ディスクの最適化」をクリック。これで断片化が解消されて、Windows7の読み書きが高速化されます。なお、本ツールはSSDには未対応。SSD用のデフラグツールは「Defraggler」が定番です。この情報は『ラジオライフ』2016年7月号に掲載されていました。

■「Windows7」おすすめ記事
Windows7の再インストールは準備が大切だった
Windows7の再インストール手順を覚えておこう
Windows7のスタートアップ整理で起動時間を短縮
Windows7にWindows10同等の機能を移植する
Windows10へのアップグレード通知を消す方法

■「Windows」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
AndroidとWindows10が両方楽しめる小型PC
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事