ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

吉野家一号店は築地市場の場内でメニュー限定

全国に展開する牛丼チェーンも、始めは1軒の店からスタートしています。ということで、牛丼チェーン店の1号店を紹介しましょう。牛丼を愛するオトコにとってはまさに聖地。とくに吉野家の一号店が築地市場にあるのは有名な話です。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。



スポンサーリンク
吉野家一号店は築地市場の場内

吉野家の一号店は東京の魚河岸に開店

今や日本全国あらゆる場所に店舗を構える牛丼チェーン。2014年11月調べでは、すき家が1,981店、吉野家が1,195店、松屋が1,039店。合わせて4,000件以上展開。そんなチェーン店も始めは1軒からのスタートしています。

吉野家の一号店は、東京の魚河岸(現在の築地市場)で1889年(明治32年)に開店。河岸で働く人のために「はやい・うまい・やすい」という、今のスタイルを築きました。

現在でも築地市場(東京都中央区)場内に現存し、営業を続けています。外観は一号店らしく歴史を感じさせる和風の店構え。メニューも「はやい」を意識した商品に限定されています。

松屋は江古田に一号店をオープン

松屋は1968年(昭和43年)江古田に一号店をオープン。学生や独身サラリーマンが多い立地を考慮して、「牛めし」以外にも「定食」「カレー」の3本柱でメニューを構成します。

できたての焼き肉やハンバーグの定食をメニューに入れて人気を博し、全国展開の足がかりを作りました。そのメニュー構成はチェーン店化した今でも健在です。

すき家の起源は1982年、神奈川県横浜市鶴見区生麦で営業し始めたランチボックスという弁当屋。当初、弁当経営がうまくいかず、牛丼を提供する経営に切り替えたところ、業績を伸ばし、1,000店舗を構える現在に至りました。

初心を忘れないようにと、廃業したランチボックスの建物は2012年頃まで残されていましたが、現在は定食屋になっています。この情報は『ラジオライフ』2015年4月号に掲載されていました。

■「吉野家」おすすめ記事
吉野家の裏メニュー「つゆだく」だけじゃない
吉野家の裏メニュー!?通販で食べる「親子丼」
吉野家のクーポンはみそ汁50円が無料になる
吉野家の株主優待券は金券ショップでも購入可能
吉野家の牛丼茶漬け!並盛りアレンジレシピ
吉野家のクーポンを駆使して牛丼を限界まで安く

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事