ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネット系

ネット通販のお得なテクニックから無料のウイルス対策まで、楽しく安全にインターネットを楽しむノウハウが詰まっています。

→[ネット系]ランキングはこちら

YouTubeの動画再生前の広告を自動的に消す方法

もはやなくてはならない存在になった動画共有サイト「YouTube」。いろいろな動画が無料で楽しめるYouTubeは広告が主要な収入源です。このため、YouTube再生前に動画広告が入ったりして[…続きを読む]

最新ガジェットが安い「日本語」海外通販サイト

「Gearbest」は中国に本拠地を置き、多数の国に倉庫を持つ巨大海外通販サイト。特にITガジェット系に強く、Amazonなどの日本の通販サイトよりも格安で購入できるとあって、マニアから支持さ[…続きを読む]

ブラウザ保存のパスワードを抜き出す手口と対策

浮気調査において探偵が最初に調査するのは個人のパソコン。パソコン内にはSNSやメールの履歴、さらには浮気相手との写真など、プライベートな情報がたくさん保存されているからです。パソコンで真っ先に[…続きを読む]

自分のメアドから個人情報漏洩を調べるサービス

Webサービスやネットショッピングのアカウント作成には、メールアドレスなどの個人情報の入力が必須のケースが増えています。大手企業が運営するサービスなら情報漏洩の心配はない…と油断しがちですが、[…続きを読む]

捨てアドとして使い勝手のよい「Mail.Ru」とは

メアド登録必須のWebサービスを利用する時、自分がふだん使っているメールアドレスは入力したくないもの。それが海外サイトであればなおさらです。そんな時に重宝するのが、期間限定でメアドが使える「捨[…続きを読む]

「裏垢女子」ツイートを鍵付きでも閲覧する方法

国内の月間アクティブユーザーが4500万人を超える超巨大SNSが「ツイッター」です。利用者が多ければ、それだけさまざまな趣味嗜好の人が集まってきます。ツイッターでは女性たちが自身のプライベート[…続きを読む]



Windowsセキュリティ機能を万全にする追加設定

Windows10は標準セキュリティソフトとして「Windows Defender」を搭載。このWindows標準セキュリティソフトは非常に優秀で、長らく定番だったウイルス対策ソフトはもう不要[…続きを読む]

超定番クリーンアップツールでPCセキュリティUP

Windowsを使用していると徐々にPCの調子が悪くなったり、予期せぬトラブルに見舞われることがあります。そんな不具合を防止してくれるのが「クリーンアップツール」です。PC内の不要なファイルを[…続きを読む]

無料Wi-Fiを安全に利用「VPNソフト」の使い方

無料Wi-Fiスポットで注意すべきは暗号化された通信を解読されることではなく「なりすまし」です。悪意のあるWi-Fiはネットの接続をすべて偽装できるため、例えばGoogleの偽ページを作ってロ[…続きを読む]

Windows標準セキュリティソフトの設定を再確認

Windows10には標準セキュリティソフトとして「Windows Defender」を搭載しています。これが非常に優秀で、長らく定番だったウイルス対策ソフトは、まず不要です。Windows […続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]