ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネット上から消えてしまったサイトを見るウラ技

目的の情報を検索したものの、検索結果のリンク先へ飛ぶと「404 Not Found」と表示されることがよくあります。また、かつて大人気だった個人ブログサービスは、サービス自体が終了して消えてしまっていることも少なくありません。しかし、こうした「消えたWebサイト」を見ることも不可能ではないのです。


ネット上から消えてしまったサイトを見るウラ技

Internet Archiveは25年以上も保存

「Internet Archive」は、過去25年以上わたり無料公開されたインターネット上のWebサイトを時系列順にまとめて保存し続けるプロジェクトです。Internet Archiveはさまざまな団体からの寄付で運営され、保存データへは世界中どこからでも無料でアクセス可能です。

Internet Archiveのトップページへアクセスすると、「WayBackMachine」という入力部分が表示されます。ここに、消えてしまったWebサイトのURLを入力すると、Internet Archiveがそのサイトのデータを保存済みかどうかを確認できます。

じつは、WayBackMachineにはキーワード検索機能もあり、見たいURLが分からない場合でもキーワードを元に保存済みサイトがあるかどうかのチェックが可能。ただし、Internet Archiveのキーワード検索は精度が低く、Google検索のような結果は期待できません。

Internet Archive利用はまずURL探し

見たいサイトのURLをInternet Archiveが保存していた場合、保存日をカレンダー上に青丸で表示。この青丸をクリックすると、保存時刻がリスト表示されるので、そのなかから見たい時刻を選べば、保存された当時のWebサイトの内容を確認することができるのです。

例えば、NHKの公式サイト「www.nhk.or.jp」の場合、1996年11月12日からInternet Archiveは保存しており、当時は試験的にWebサイトを運営していたことがわかります。とはいえ、消えてしまった個人ブログを探したい場合などは、URL自体を覚えていないことがほとんどでしょう。

見たいWebサイトのURLが分からないケースでは、Google検索などでWebサイトのURLを探し出すことからまずスタート。URLさえわかれば、Internet Archiveで古いWebサイトを見られる確率が高くなります。

ただし、かつて流行したトップページをFlashコンテンツにしてしまう…といったWebサイトの場合はInternet Archiveでは表示できません。このようなケースでは、トップページ以外のURLを探し出して、そちらでInternet Archiveを利用するようにします。

■「ウラ技」おすすめ記事
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた
iOS7の新機能!便利なiPhone裏コマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
カラオケで高得点が取れる裏コマンドとは?
ウォシュレットの賢い使い方!管理者設定モード
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。