ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonレビュー「5つ星」信じていけない理由

Amazonで商品を購入する際に参考になるのが、ユーザーによる商品レビュー。家電であれば実際の使用感や気になった点、サポートの対応まであらゆる内容がユーザーの“思いのまま”に投稿されています。ただし、Amazonのレビュー「5つ星」をそのまま信じていけない理由があるのです。


スポンサーリンク
Amazonのレビュー「5」を信じていけない理由

Amazon公式ステマレビューが存在

購入の参考になるAmazonのレビューですが、もし業者から商品の提供を受けたユーザーが、その意向に沿って書いた“ステマレビュー”だったらどうでしょう。ステマレビューを「業者から商品の提供を受けたユーザーが、その要請に基づいて書いたレビュー」と定義すると、Amazonにはこれを公式で行うプログラムが存在します。

「Amazon Vineレビュー」は「VINEメンバー」という特別な権限を持つAmazon会員によって「無償提供されたモニター商品」を元に書かれています。

「Amazon VINE先取りプログラム」は、日本では2010年にスタートした制度。質の高いレビューを投稿するユーザーに対して、Amazonが商品を無償提供してレビューを投稿させることで、業者によるステマを抑制し、ユーザーに有益なレビューを提供する仕組みです。

一方で、このプログラム以外で業者から直接商品提供を受けてレビューを書くことや、業者が商品提供と引き換えにレビューを依頼することは、Amazonの規約で禁止されています。

Amazonレビューで手数料5%返金

それでは、現在Amazon VINEレビュー以外に“ステマレビュー”はないのでしょうか。答えは「ノー」です。VINEメンバーである筆者の元には、日々謎の業者から商品の提供と引き換えに高評価レビューを依頼するメールが山のように届きます。

例えば、指定の商品を1度購入して注文番号を伝えると、代金と手数料5%を返金するという依頼。「5つ星」の評価とレビューには写真や動画も添えてほしいこと、さらにレビューの中で「無償で受け取った」「サンプルをもらった」などの語句を入れないようにとの指示があります。明確なAmazonの規約違反です。

もう1つのパターンは返金ではなく、ユーザーにコンビニ決済を選択させて、業者が代金を支払うというアナログな方法です。他にもPayPal口座に返金するといった方法もよくあります。

実際に当該商品のレビューを見てみると、不自然な高評価レビューが並びます。また、業者によるレビューの依頼は必ずしもVINEメンバーだけでなく、質が高いと“業者が”判断したユーザーに対しても行われているようです。(文/VA286)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事