ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonで横行する「返品詐欺」を防ぐ方法とは

Amazonで横行している「返品詐欺」とは、購入した商品を返品してAmazonでタダ買いする手法。アメリカのとある夫婦が、何百個ものAmazonアカウントを使い回し、「届いていない」と嘘のクレームを入れて商品をだまし取ったというその額、なんと1億3,500万円。Amazonの返品詐欺を防ぐ方法を見ていきましょう。


スポンサーリンク
Amazonで横行する「返品詐欺」を防ぐ方法とは

Amazonの返品詐欺はシステム悪用

意外に知られていませんが、Amazonでは個人でも小口出品枠で商品の販売が可能です。しかも「フルフィルメント by Amazon(FBA)」と呼ばれるサービスを利用すれば、商品保管から注文処理、発送まですべてAmazonが代行してくれます。

非常に楽に見えるこのシステム、実は落とし穴があるのです。それがAmazonの返品詐欺。Amazonでは商品に問題があった場合は、無条件で返品を受け付ける規約になっており、客からの理不尽な返品処理もすべて自動で受けてしまうのです。

詐欺犯はこのシステムを悪用します。中身の商品を抜いたり、ゴミのような中古品や海賊品に取り替えてAmazonに返品。Amazonは返品された商品の中身を確認しないまま、それを出品者に戻してしまうのです。

Amazonの返品詐欺に初めて気付く

詐欺犯が支払った購入代金は、返品を受け付けると返金。結果的に、タダで商品を手に入れてしまうというわけです。出品者は返品されてきて、初めて詐欺に遭ったと気が付くことになります。

返品されてきた商品が別物だとAmazonにクレームを入れても「購入者が不良品だと言っているから返金した」と返答されるのみで、まともに取り合ってくれません。手の込んだ返品詐欺になると、巧みに偽装した模造品に入れ替えたり、必要なパーツだけ抜いて返品したりします。

出品者が情報交換できるセラーフォーラムでは、一時期ほどではありませんが、まだ返品詐欺に関する質問が続々と投稿されています。このため、Amazonの返品詐欺を防ぐためにも、出品する場合にFBA利用を避けるのがベターでしょう。

■「Amazon」おすすめ記事
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazonの価格変動を知って最安値でお買い物
せどりツールを活用してAmazonで上手にお買い物
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
ヨドバシ.comはAmazonより断然お得だった
インキー時のカギ開け補助工具がAmazonで買える
Amazon偽サイトでありがちなURLの違いとは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事