ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazon「やらせ」レビューで売上は数倍になる

ネット通販大手のAmazonには、自社商品をべた褒めする「やらせ」レビュー業者が蔓延しています。なぜAmazonから「やらせ」レビューがなかなかなくならないのでしょうか。自身もやらせレビュー行為をしたことがあるというAmazon出品者に、レビュー制度の内情について直撃しました。


スポンサーリンク
Amazon「やらせ」レビューで売上は数倍になる

Amazonのレビューで売上は変わる

Amazonの公式レビュープログラムである「Amazon Vine先取りプログラム」に商品が選ばれるのは本当にわずか。無名ブランドの商品だったり店舗評価の低い商品は、Vineメンバーにレビュー依頼するのは難しい状況です。

そのため、自社の関係者が自らレビューを記入したり、Amazonのトップレビュワーに直接メールなどで依頼するのです。トップレビュワーの中には、メールアドレスやTwitterのアカウントをプロフィール欄に公開しているユーザーがいます。ご自身もやらせレビュー事情を分かって公開しているのでしょう。

Amazonのレビューによって商品の売上は大きく変わります。ジャンルや価格帯、商品の品質にもよりますが、私の体感としてはレビュー0の時に1か月間全く売れなかった商品が、星5個のレビューを2つ書いた途端、1週間に2~3個ほど売れ始め、最終的には月間で80個ほど売れるようになりました。

Amazonで重要なのはレビュー件数

もちろん、レビューの内容がしっかりしていることに越したことはありませんが、Amazonではそれよりも短くても高評価のレビューを多く入れた方が効果的です。質より量といった感じでしょうか。

Amazonで重要なのはレビューの件数。高い評価のレビューが増えると検索の上位に表示されるようになるのです。また、最近はスマホユーザーが増えたことで、レビューの内容をそこまで熟読するユーザーも減ったのかもしれません。

また、Amazonではレビューの中でも上の方に高い評価のものが並ぶのがベストです。「役に立った」ボタンが押されるとそのレビューが上に行きやすいため、業者の中には良質なレビューに対して「役に立った」ボタンを外部からクリックさせるような行為を行っている会社もあります。


スポンサーリンク

Amazonでかなりド派手に自作自演

Amazonの検索やレビュー表示のアルゴリズムは、世界でもトップクラスといわれるほど良質なものです。疑わしい行為を行うと、すぐに警告がきてアカウントが凍結されます。そのため、日本の企業で大胆なやらせレビュー行為を行っている会社は多くありません。

一方、中華系の企業はAmazonでかなりド派手に自作自演していますね。品質がイマイチな商品にやらせレビューを数多く入れて一気に商品を売り切ります。販売から発送までの時間をある程度あけ、その間に売り上げを稼ぐのです。

そして、悪質な商品を消費者の元に送り、そこで悪いレビューが貯まりAmazonのアカウントが凍結。しかし、再度、アカウントを取得し商品を出品し直すというのが常套手段になっています。

FBAを活用すれば、海外企業でも日本に簡単に商品を販売できることに加え、Amazonの出品アカウントが容易に取れてしまうというのが、こうしたやらせレビュー行為につながっているのかもしれません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事