ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazon「やらせ」レビューは評価が二極化する

商品そのものを手にして吟味ができないネット通販で、参考になるのがユーザーのレビューやショップの評価です。しかし、膨大なアイテム数を誇る「Amazon」には、自社商品をベタ褒めする「やらせ」レビューが蔓延しています。そこで、Amazonの「やらせ」レビューを見抜くポイントを見ていきましょう。


Amazon「やらせ」レビューは評価が二極化する

Amzonレビューが二極化した商品

現在、Amazonでやらせレビューを積極的に行っているのは中国系の業者です。やたらと高評価が多い上に、販売会社の住所が中国だったり、レビューの文面が不自然な日本語だったりする商品は注意しなければなりません。

やらせレビューが疑われる場合は、必ず低評価のレビューも合わせてチェックするのが基本。というのも、Amazonレビューのやらせを見抜くポイントに、評価が二極化することが挙げられるからです。

レビューの評価が、5つ星と1つ星に二極化している商品は特に注意が必要になります。やらせレビューであることに加えて、商品そのものの品質が非常に低い可能性が大です。Amazonのレビューは低評価のもののほうが参考になります。

やらせを見抜くポイントは、レビューだけではありません。商品名に余分な言葉が入っている場合も要注意。商品名の表記はガイドラインで定められており、商品名・ブランド名・型番・カラー・仕様以外は記載していけないのです。

Amazonやらせレビュー商品を避ける

しかし、検索でヒットしやすくしたり、より目立たせたりする目的で、商品名の中にキャッチコピーや他社の商標を入れている商品が散見されます。レビューもやらせである可能性が高いでしょう。

参考価格が異常に高い商品も、やらせレビューの可能性が大。参考価格は出品者が自由に設定できるため、あえて吊り上げている業者はやらせレビューを疑ってかかった方が無難です。

Amazonでやらせレビューの商品を避けたいなら「Amazonが販売、発送します」という表記がある商品がオススメ。これらはベンダーセントラルと呼ばれるアイテムです。Amazonが業者から商品を仕入れて販売しています。

検索結果の絞り込みで、出品者で「Amazon」にチェックを入れればOK。多くの販売業者が混在するマーケットプレイスなどに比べて、安心感があるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事