ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク

Amazonギフト券の使い方で絶対得するテクニックがあります。それは割安で手に入れたAmazonギフト券をオンライン上で購入するという使い方。ギフト券の受け渡しは画面内のコード番号で行われるため、買い物前のひと手間で絶対得するAmazonギフト券の使い方なのです。


Amazonギフト券の使い方で得する

Amazonギフト券の得する使い方

Amazonで安く買い物するテクニックの1つに「安く手に入れたAmazonギフト券を使う」というものがあります。百貨店やデパートの商品券のように、額面より割安で手に入れれば、そのぶん安く購入できるというわけです。

これを実践するためには金券ショップを探し回ってもいいのですが、PC画面上だけで手軽にできるのが「amaten」。Amazonギフト券を割り引き価格で売り・買いできるサイトです。

実際にサイトで販売価格を見てみると、5~7%引きでAmazonギフト券が購入できます。ギフト券の受け渡しは画面内のコード番号で行われるため、送料はかかりません。

Amazonギフト券の使い方で得するテクニック

ギフト券番号が送られてくる仕組み

ギフト券を購入する場合は、アカウントを作成後、まずはamatenにお金をチャージして預けます。金額は1,000円から100円単位です。

そして、好きな額面のギフト券を購入すると、ギフト券番号が送られてくるという仕組みになっています。

Amazonギフト券と使うときは、レジに進んでからギフト券番号を入力するだけ。残った金額はアカウントに残高として登録されて、次回購入時に利用できます。

また、アカウントにAmazonギフト券を登録することで、Amazonギフト券残高として管理も可能です。


お得なAmazonギフト券チャージタイプ

Amazonギフト券「チャージタイプ」なら、簡単な手続きで最大2.5%お得に買い物できます。この「チャージタイプ」は、好きな金額を自分のAmazonギフト券残高に追加できるというもの。支払い方法は、現金またはクレジットカードから選べます。

このうち、お得なのは現金払いのタイプです。チャージの手続き後、コンビニ・ATM・ネットバンキングで代金を支払えば、通常で最大2%、プライム会員で最大2.5%分のAmazonポイントが付与されます。

毎回9万円チャージし、2%または2.5%のポイントを付けるのが正解です。チャージしたギフト券は発行日から10年間有効なので、期限切れの心配も不要。少額の買い物でも、お得になります。

Amazonギフト券チャージタイプは最大2.5%お得!

Amazonギフト券チャージタイプは現金

現金チャージのポイント付与率は、1回のチャージ額が5,000~19,999円なら通常会員は0.5%、プライム会員は1%です。チャージ額が2万~29,999円なら通常会員は1%、プライム会員は1.5%のポイント付与となります。

チャージ額が4万~89,999円なら通常会員は1.5%、プライム会員は2%のポイント付与。1回のチャージ額が9万円以上になると、通常会員は2%、プライム会員は2.5%のポイント付与となるのです。

ちなみに、支払いをクレジットカードで行うと、5,000円以上のチャージで0.5%のポイントが付きます。このように、Amazonギフト券チャージタイプは現金払いを選んで、9万円ずつチャージするのが最もお得な利用法なのです。


Amazonギフト券の使い方で1%割引

通販での買い物を安くする方法といえば「GetMoney」や「げん玉」などのポイントサイト経由が一般的。1~2%の実質割引が可能になります。ところが、Amazonにはこの方法が通用しないのです。

そこで、電子マネー「nanaco」と「Amazonギフト券」の賢い使い方で実質割引に挑戦してみましょう。まずはセブンイレブンでnanacoを使って、Amazonギフト券を購入。マルチメディア端末で発券してレジでサインを行えばOKです。

nanacoは100円の買い物につき1ポイントが付与されます。後はこのAmazonギフト券で買い物をするだけ。このようにAmazonギフト券は使い方次第で、いつでも1%割引で買い物できるるようになります。

さらに、Amazonギフト券は残額が余れば次回の買い物に利用可能。1%割引にできて、しかも無駄なく使えるAmazonギフト券の使い方なのです。

Amazonギフト券は使い方次第で1%割引

Amazonギフト券の使い方で現金化

ファミマやTSUTAYAをはじめとして、さまざまな場所で貯めることができるTポイントは、そのままでも1ポイント=1円として使えますが、電子マネーや現金には交換できません。しかし、Amazonギフト券の使い方次第でTポイントを現金化する裏ワザが存在します。

Tポイントを現金化する方法は簡単。Tポイントを使って、ヤフオク!でAmazonギフト券を買うだけです。例えば、3万ポイントを持っていた場合、ヤフオク!で3万円分のAmazonギフト券を買い、Tポイントで支払います。

入力時に全額Tポイント払いが認証されない場合は、1円だけ現金を混ぜればOKです。Amazonギフト券はメールでやりとりでき、送料もかかりません。

ヤフオク!以外では、ポイントが5倍になる「5のつく日」に、Yahoo!ショッピング内の金券ショップで商品券を買う方法があります。これも支払いをTポイントにすればOK。送料がかかるためポイントは少し目減りしますが、自分の使いやすい商品券を選べます。

100%現金で受け取りたい場合は、手に入れたAmazonギフト券・商品券を再度売ってしまいましょう。


Amazonギフト券のラフな使い方

飲み会の支払いなどで小銭の持ち合わせがない時に便利なAmazonギフト券の使い方があります。Amazonギフト券というと、贈り物用というイメージがありますが、実は便利かつラフな使い方ができるアイテムなのです。

Amazonギフト券は15円から50万円の間で、1円単位で希望の額を発行することが可能。銀行振り込みなどと違って手数料がかからず、しかもその場でメールやLINEで送れます。

ギフト券はEメールタイプを選択。相手のメールアドレスが分かれば、画面内で
そのままギフト券を送信できる仕組みです。ギフト券のデザインも選択が可能で、シンプルなデザインから誕生日メッセージまでいろいろ選べます。

Amazonギフト券を割り勘払いに利用する使い方

Amazonギフト券の使い方で割り勘

このため、友達との飲み会で現金が足りない時など、Amazonギフト券は電子マネーのような使い方ができるというわけ。例えばタクシーの割り勘で1人あたり888円になった場合、現金だと払う側も受け取る側も面倒でしょう。

そんなとき、Amazonギフト券で送ってもらえばスマートに清算が終わります。さらに「小銭がないから後で払う」と言われ、結局回収できなかった…という事態も避けられるわけです。

Amazonギフト券は、Amazon上で買い物してもらうためなら、動画や音楽などを格安で提供してしまうAmazonらしいサービス。とはいえ、便利なAmazonギフト券の使い方を見逃す手はないでしょう。

■「Amazon」おすすめ記事
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる
Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
ヨドバシ.comはAmazonより断然お得だった
Amazonの価格変動を知って最安値でお買い物
せどり業者が伝授!一番儲けやすいAmazon!!
せどりツールを活用してAmazonで上手にお買い物
図書館検索はAmazonの商品購入ページが便利
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事