ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonで中華製品を除外「&emi=AN1VRQENFRJN5」とは

2021年も終わりに近づき、冬のボーナスはAmazonのショッピングで使おうと今から計画を立てている人も多いでしょう。しかし、家電などのジャンルでAmazonで検索すると、中華製の怪しげな製品ばかり上位に並び、その傾向はますます加速しています。しかし、Amazonにはこうした怪しげな中華製品をカットする裏コマンド「&emi=AN1VRQENFRJN5」があるのです。


Amazonで怪しげな中華製品を除外する裏コマンド

Amazonの検索URLに「&emi=AN1VRQENFRJN5」

Amazonで商品を探していると「怪しげな中華製品ばかりが上位に表示されて困る」という人が多いでしょう。そうした製品は、メーカー名が不明で販売元が中国、製品レビューだけは高評価といったケースが多数。レビューを信じて購入したら実は粗悪品で返品対応も海外のため面倒…ということが少なくありません。

このような粗悪な中華製品を避け、Amazonで安心してショッピングを行う方法のひとつが、Amazonプライム会員にになることです。Amazonプライム会員向けのショッピング画面には、出品者による絞り込み機能があり、「Amazon.co.jp」を選べばAmazonが仕入れ・販売する商品のみ表示されます。

とはいえ、粗悪な中華製品を避けるためだけに年4900円のAmazonプライム会員になるのはちょっと…という人も多いでしょう。実は、Amazonプライム会員同様の絞り込みを行う裏コマンドが存在しているのです。その裏コマンドとは、商品検索結果のURLのうしろに「&rh=p_6%3AAN1VRQENFRJN5」または「&emi=AN1VRQENFRJN5」を追加するというものになります。

Amazon裏コマンドの非表示メーカー

ただし、このAmazon裏コマンドを入力したからといって、すべての中華製品が非表示になるとは限りません。ドローン業界の世界トップブランド・DJIや、日本法人を設立し日本向け正規販売を行っているHuawey・Xiaomi・Soundpeatsといったブランドは、裏コマンドで絞り込んでも表示されます。

とはいえ、このようなブランドはAmazonが直接仕入れ・販売を行うことにより表示が残るので、Amazonのお墨付きを得た信頼できるブランドと考えてよいでしょう。また、購入後の返品・交換対応にもAmazonが責任を持つことになるため、その点でも安心です。

逆に、アンカーやバッファローのようにAmazon内に直販サイトを持つメーカーについては、紹介した裏コマンドを入力すると非表示になってしまいます。とくに、パソコン・スマホ周辺機器は国内大手メーカーの多くがAmazon内で直販サイトを展開しているため、メーカー名で絞り込む方が目的の商品にたどり着きやすくなります。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事