ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Fire TV Stickを有線LANで安定的に楽しむ方法

Amazonのストリーミングデバイス「Fire TV」に新モデルが2021年10月に登場しました。そのままでも十分高性能で便利なのですが、いくつかある使いこなしポイントを押さえておくと、さらに便利にFire TVを活用できます。新モデル「Fire TV Stick 4K Max」の使いこなしポイントを見ていきましょう。


Fire TV Stickを有線LANで安定的に楽しむ方法

Fire TV Stick 4K MaxがWi-Fi6に対応

初代が登場した2014年から進化し続けてきた「Fire TV」シリーズの最新モデルが「Fire TV Stick 4K Max」です。2018年版「Fire TV Stick 4K」でベースは完成したということなのか、4K・Dolby Atmos対応でという画質と音質に大きな更新はありません。

ただし、音や映像がきれいに再生されないという場合は、使っているテレビがその規格に対応していないのかもしれません。「設定」→「ディスプレイとサウンドを選択」を選択して、オーディオやHDRが対応しているかチェックしてみましょう。

一方、Fire TV Stick 4K Maxになって進化したポイントは、Wi-Fi6に対応したこと。4Kの重い動画でも止まらず再生し続けてくれます。

Fire TV Stickを有線LAN接続にする

もし自宅のWi-Fiが不安定なら専用アダプタで有線接続という使いこなしテクニックもあります。Fire TV専用のLANポート付きアダプタが、エレコムから販売されているのです。こういうサポート機器を使うのも手でしょう。

エレコムのスタンド型アダプタ「DH-FTHDL01BK」なら、自宅のWi-Fi環境が不安定なときに、有線LANでつなぐことが可能。Amazonからも類似アイテムは出ていますが、こちらはスタンド型かつ、HDMI端子部の長さを調整できます。実勢価格は2,479円。Amazonで入手できます。

また、Fire TVの調子が悪いときはリモコンをリセットするのも使いこなしテクニックです。左ボタンとメニューボタンと戻るボタンを10秒長押ししたら、1分待って電池を取り出します。Fire TVの電源を抜いて1分待ったら、元通りにしてFire TVを起動。再びリモコンを40秒長押しすればリセット完了です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事