ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

シニアケータイをAmazonで4千円で買ってみた

Amazonで高齢者向けの謎ケータイが約4千円で販売されています。衛星電話のように無骨で、男性の手でもやや大きめの印象。ボタンや液晶は大きめなので、その点では「高齢者向け」とうたうのも分からなくはないのですが、実際に購入して使ってみたら驚きの連続でした。Amazonで4千円で買ったシニアケータイを見ていきましょう。


Amazonで4千円でシニアケータイ買ってみた結果

シニアケータイは2Gの携帯電話だった

まず前提として、このシニアケータイはスマートフォンではなく携帯電話です。しかも通信規格はGSMのみ。これは海外で使われている通信システムで、しかも第2世代。つまりこのシニアケータイは「2G」です。

5Gへ移行しつつある日本では、全く使いものになりません。まあ、そもそも技適の問題もありますが、それを踏まえた上でシニアケータイの中身をチェックしていきましょう。

サイトの説明書きによると、シニアケータイのバッテリー容量は13,800mAhですが、実際に測定してみると954mAhしかありません。それもそのはず。シニアケータイには18650電池が2本入っているのですが、片方は配線されていませんでした。つまりダミー。1本の容量と考えても理解できない値ですが…。

シニアケータイにはカメラ機能がない

それでもまだ何かしらシニアケータイの使い道はあるはず…とシステムを起動してみると、設定できる言語は12か国語あるものの、日本語は選択できませんでした。ならば背面にあるカメラだけでも使えればと思ったのですが、こちらもダメでした。

なんと、シニアケータイはアプリにカメラ機能が存在していないのです。背面にはレンズが付いているんですが、どういうことでしょう? シニアケータイで使えるのは端末上部の懐中電灯機能のみ。4千円出して液晶パネル付きの懐中電灯を購入したようなものです。

安価だから、高齢者向けだから…シニアケータイに安易に手を出すのはやめましょう。多くのAndroidスマホではシンプルに使える簡単モードを搭載しており、iPhoneにもらくらくホン風になるアプリがあります。(文/Toybox)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事