ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

dカードGOLDの隠れた魅力「ケータイ補償」とは

NTTドコモのクレジットカード「dカードGOLD」は、NTTドコモの利用料金が10%ポイント還元されるのが最大のセールスポイントです。しかし、ドコモユーザーにとってdカードGOLDのメリットはそれだけではありません。スマホが紛失・盗難あるいは壊れたときに最大10万円まで補償されるケータイ補償は、いざというときへの心強い備えとなります。


dカードGOLDの隠れた魅力「ケータイ補償」とは

dカードGOLDは購入後3年間が補償対象

NTTドコモが発行するクレジットカード「dカード」は、同社回線を利用していない人でも発行可能です。とはいえ、dカードはドコモユーザーの方がお得に使えることは確かで、なかでもゴールドカードの「dカードGOLD」は、ドコモ利用料金についての10%ポイント還元をセールスポイントとしています。

しかし、dカードGOLDのドコモ利用料金についてのポイント還元にはスマホは1回線限定という制限があり、スマホだけでなく光回線「ドコモ光」などをセットで契約しない限り、dカードGOLDの年会費1万1000円分の元をとることは事実上、不可能です。

それでは、スマホのみドコモを利用している人は、dカードGOLDではなく年会費無料のdカードを選んだ方がお得かといえば、必ずしもそうとは限りません。実は、スマホを紛失した際の補償サービス「dカードケータイ補償」の補償上限が、dカードは1万円なのに対し、dカードGOLDは10万円までと手厚いためです。

dカードGOLDの補償利用は年間1回まで

dカードケータイ補償は、ドコモショップで購入・登録したスマホ・タブレット1機種につき、そのスマホが故障や紛失した際に、同一機種を再購入した金額を補償上限までキャッシュバックするサービスです。補償期間は、dカードが購入後1年以内なのに対し、dカードGOLDは3年に延長されます。

ただし、NTTドコモが同社端末にオプションで用意する「ケータイ補償サービス」と比較した場合、サービス内容が異なる点に注意が必要です。ケータイ補償サービスでは、機種ごとに設定された363~1100円を毎月支払う間は、修理や同一機種との交換に補償が適用されます。

さらに、dカードケータイ補償は補償回数が年1回なのに対しケータイ補償サービスは年2回まで利用可能。一方で、ケータイ補償サービスでは修理代金は無料になるものの、交換の場合は8250~1万2100円の利用手数料が発生します。

そのため、最新スマホでも多くの機種が10万円前後で収まることを考えた場合、ドコモユーザーにとってdカードGOLDのdカードケータイ補償は魅力的です。逆に、15万円を超えるハイエンドモデルのスマホを使うのであれば、別途ケータイ補償サービスを追加した方が安心でしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事