ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「Internet Archive」で消えたページを見る方法

目的の情報を検索してなんとか検索結果までたどり着いたものの、いざクリックしてみたら「Not Found」。最近では個人ブログでも「この記事は削除されました」と表示されて、肝心の情報へたどり着けないことも増えました。しかし、ここであきらめてはいけません。削除された古いWebページを見る方法があるのです。


「Internet Archive」で消えたページを見る方法

Internet Archiveは定期バックアップ

「Internet Archive(インターネット・アーカイブ)」は世界中のWebページを定期的にバックアップしているサイト。世界中のあらゆるWebページをひたすら保存し続けている、スゴ過ぎるサービスなのです。

使い方は、サイトにアクセスしてURLを入力するだけ。これで該当ページが過去に保存された日付がカレンダーに表示されるので、日付をクリックすれば保存された時点のWebページを開けます。

「NotFound」で削除されてしまったWebページでも、あきらめることはありません。Internet Archiveなら、削除されたり更新されて見れなくなった記事も、見られるので便利です。

Internet Archiveからダウンロード

実際に使うときは、まずInternet Archiveのサイトにアクセス。トップページにある検索ボックスに目的のWebページのURLを入力します。続いては、Webページがバックアップされた日を選択する画面です。見たい情報が載っていた日付を選んでください。

日付をクリックすると、バックアップ時間が表示されるので、さらにそれをクリック。すると、バックアップされたWebページが表示されるはず。ページ上部には、前後のバックアップに移動できるコントロールバーも表示されます。

ダウンロードサイトなどで消されたファイルが保存されていれば、ダウンロードすることも可能。たとえ削除された個人のブログ記事でも、Internet Archiveにバックアップされていれば、閲覧できるというわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事