ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Vプリカの使い道に半永久的にタダ見を繰り返す使い方

Vプリカは審査不要で誰でもすぐに申し込める、ネット専用のプリペイド式クレジットカード(略して「プリカ」)。クレジットカードを持っていなくても、動画配信サービスやネットショッピングを利用したりするのが基本的なVプリカの使い道です。さらにVプリカの使い方には、もう1つ裏ワザがあるのでした。Vプリカは使い道に半永久的にタダ見できる使い方があるのです。


Vプリカの使い道に半永久的にタダ見を繰り返す使い方


Vプリカの使い道に無駄遣いしないカード

「Vプリカ(V-preca)」とは、信販会社のライフカードが発行しているネット専用のプリペイド式クレジットカード(プリカ)。プリカのプリペイドとは「前払い」の意味で、あらかじめ決められた金額のカードを購入することで、その金額分だけショッピングで利用可能です。

Vプリカの使い方とは事前にチャージして使う、QRコード決済や交通系ICカードに近いサービスといえるでしょう。Vプリカの使い方の特徴は、購入した残高分をVISAカードのクレジット決済に利用する点にあります。

つまり、VISAカードに対応したオンラインサイトであれば、Vプリカのカード番号などを入力することで、クレジットカードと同じような使い方ができるというわけ(一部非対応店舗あり)。Vプリカには、前払い以上に無駄遣いしないカードという使い道があるのです。


Vプリカの使い道で海外サイトのクレジット決済

VISA決済ができるのであれば、Vプリカはゲームサイトなどに利用する使い道もあり。しかも、Vプリカはカード番号がすぐ再発行できるので、クレジットカード番号の入力が不安な海外のゲームサイトでも活用可能。セキュリティの心配な海外サイトでのクレジットカード決済に利用するのも、Vプリカの使い道の1つといえます。

そんなVプリカはコンビニで購入可能。Vプリカの使い方は、まずアカウント開設をしてから、セブンイレブンならマルチコピー機、ローソンならLoppi、ファミマならFamiポートでVプリカを購入します。

このほか、Vプリカの使い方に、ギフトカードを購入する方法もあります。Vプリカギフトカードの場合、Vプリカの使い方のアカウント開設が必要ありません。


Vプリカの使い方でチャージはクレジットカード

Vプリカはインターネット経由で購入する使い方も可能。こちらはVプリカの使い方では、アカウント開設など生年月日や電話番号の登録作業が必要です。Vプリカのチャージの支払いはクレジットカードになります。インターネットバンキングでVプリカのチャージの購入代金を支払うことも可能です。

Vプリカの使い方で、アカウント開設手続きはメールアドレスを登録して届くVプリカのアカウント開設用URLをクリック。Vプリカの使い方では、ここで氏名や生年月日、ログインIDやログインパスワードを入力して本登録します。

Vプリカの使い方でチャージするには、本登録したログインIDとパスワードと電話番号の下4ケタ数字でMyページにログインしてVプリカを購入。Vプリカの使い方は、カード情報からクレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードを確認して使用するというわけです。

なお、Vプリカの使い方で、Vプリカ購入は新規カード発行と、既存Vプリカへの残高加算から選ぶことが可能。Vプリカの使い方で、既存Vプリカのカード情報を再発行して使い捨て間隔でクレジットカード番号を手に入れるという使い道のほか、新規カード発行で使い捨てクレジットカード番号を手に入れるという使い道もあるのです。


Vプリカの使い方でチャージ方法と手数料

ただし、Vプリカの使い方で不思議な点がひとつあります。それは、購入金額より実際に使える金額が少ないことです。Vプリカの使い方では、500円から30000円までの利用可能額の券種を購入してチャージしてから利用します。

例えば、Vプリカのチャージが3000円分の券種であれば販売価格が3200円、5000円分の券種は販売価格が5290円といった具合。30000円のVプリカのチャージの券種の販売価格は30200円です。Vプリカギフトカードでチャージする使い方だと3000円分の券種が販売価格3250円、5000円分の券種は販売価格5290円となっています。

ここで、Amazonギフト券やiTunesギフトカードは「購入金額=利用可能金額」というのが一般的。Vプリカのような使い方になることはありません。また、チャージ方法によってVプリカの手数料が異なる点にも注意が必要です。


Vプリカの使い道でカード登録制限突破

じつは、Vプリカの使い方は利用者側が手数料を払う仕組みになっていて、手数料不要のクレジットカードを利用するより損になる仕組み。なぜ利用者にとって不利な使い方になるVプリカが、全国のコンビニで幅広く売られているのでしょうか。

それはVプリカが「クレジットカードや銀行口座がなくても使える」という理由です。何らかの事情でクレジットカードや銀行口座を作れない場合、QRコード決済も利用登録が不可能。そうした人がネットショッピングを利用するには、Vプリカのような使い方ができるサービスが必要なのです。

このほか、Vプリカの使い方では、購入するごとにクレジットカード番号が新しくなることもポイント。ネット配信サービスの無料お試しなどは、カード番号で登録回数を制限している場合があり、Vプリカにはこの制限を突破する使い道があるのです。


Vプリカの使い道に設定されている制約

また、海外通販サイトや海外有料サイトなどで、メインとして使っているクレジットカード番号を入力するのは不安なもの。そんなときにも重宝するサービスとしてのVプリカの使い道があるのでした。

ちなみに、Vプリカの使い道として、クレジットカード番号を新規発行がありますが、残高のあるVプリカを同時に保有できる枚数は10枚まで。また、複数のVプリカの使い方として残高を合算することで、最高10万円のに利用できます。

また、Vプリカの使い道には制約があって、コンビニなどの店舗では利用不可。Vプリカの使い道には、インターネット上でもVISA加盟店以外では使えない制約あり。インターネット以外の加盟店でも利用もできないというVプリカの使い道の制約もあります。

購入ごとカード番号が変わる「Vプリカ」使い道


Vプリカの使い道に無料視聴期間の登録

動画配信サービスは無料視聴期間の登録であってもクレジットカード登録が必要になります。しかし、クレジットカードを持っていない人でも「Vプリカ」があればOKです。

VプリカはVisaのプリペイドカードで、インターネット上のVisa加盟店であればクレジットカードと同様な使い方ができます。審査不要で即発行可能、入金はコンビニから現金払いが可能です。

さらにこのVプリカの使い道には、もう1つの裏ワザが…。Vプリカは再発行、つまりクレジットカードの番号がワンクリックで変更できます。


Vプリカの使い道で注意したい有効期限

動画配信サービスによっては名義が変更されていなくても、違うクレジットカードと認識されれば何度でも2週間の無料視聴を登録可能。とはいえ、このVプリカを再発行する使い方はくれぐれも悪用は厳禁です。

ちなみに、Vプリカはセブン-イレブン、ローソン、サークルKサンクスなどの各端末で購入。Vプリカの公式サイトのMyページで購入時に受け取った発行コードを入力します。

Vプリカの使い道で注意したいことは、発行から1年後の月末が有効期限となり、この日を境に、カード番号、残高ともに失効となること。注意しましょう。


Vプリカの使い方に無料視聴の使い道

Vプリカの使い方で再発行のやり方は、VプリカのMyページにアクセスして「各種登録・変更」→「カード再発行」を選択します。「再発行」と書かれたタブがあるので、これをクリックするのです。これだけの操作で、Vプリカのカード番号が変更できてしまいます。

続いて、無料視聴のVプリカの使い道では動画配信サービスにアクセスして、再び無料視聴サービスに登録。再発行されたVプリカのクレジットカード番号を入力するのです。

なお、無料視聴のVプリカの使い道では、名前はこれまでと同じもので大丈夫ですが、メールアドレスは新しいものを用意する必要があります。あとは無料視聴をクリックすれば完了。Vプリカは使い方次第で、再び無料視聴サービスを利用する使い道に利用できてしまいます。


Vプリカの使い方にPayPayのカード登録

Suicaなどの電子マネーユーザーにしてみれば、PayPayなどのコードを表示させて読み込むコード決済をなぜわざわざ使うのか疑問に思う人もいるかもしれません。その理由は、PayPayなどのコード決済はポイント還元率が高く圧倒的にお得だからです。

現在、各コード決済では大盤振る舞いのキャンペーンを実施しており、ユーザーの獲得を目指しています。「20%還元」「20回に1回1,000円バック」などの宣伝文句を一度は聞いたことがあるでしょう。とはいえ、クレジットカードや銀行口座とひも付けて、スマホを財布代わりに使うことが不安で慎重になる気持ちも分かります。

そこで活用したいVプリカの使い方があります。Vプリカは、インターネット用のプリペイドカードとしてネット通販やオンラインゲームなどの支払い用として普及していますが、PayPayなどのスマホのコード決済の支払い元カードに登録する使い方も可能です。

Vプリカの使い方で決済ごとに使い分け

Vプリカはネット経由でも、店舗でサンプルカードを購入してもOK。アカウントを開設したら、すぐに支払い用カードとして使えるようになります。一般的にクレジットカ-ドを新規で作る場合、本人確認用の資料などを用意して提出。審査が通ってから発行され、手元にカードが届くまで、早くても3日程度、10日から2週間ほどかかるでしょう。

その点、Vプリカは本人確認不要で、日本在住の18歳以上ならアカウントを開設でき、カード情報を登録すればすぐに利用可能です。Vプリカ登録の名前はニックネームでOK。10枚まで同時に持てるので、通販サイトやコード決済ごとに使い分けるというVプリカの使い方もできます。

また、VISA認証サービス(3-Dセキュア)に対応するため、3-Dセキュアが求められるPayPay登録にVプリカを使うことが可能。なお、Vプリカの使い方として、使わない時にMyページでロックをかけて利用を停止させられます。

Vプリカの使い道でゲーム課金の使い過ぎ防止

Vプリカは、いわゆるプリペイドカードのブランド。Vプリカを含むプリペイドカードとは、カードにあらかじめ入金しておくことで、その金額分を使えるカードのことです。Vプリカは、オンライン決済での使い道に特化したプリペイドカードで、主にインターネットでの買い物やゲーム課金などに利用されます。

Vプリカの使い道のメリット1つめは「オンライン決済に安心して利用できる」こと。クレジットカード情報を入力する必要がないので、ネット上での不正利用リスクを回避できます。Vプリカの使い道のメリット2つめは「クレジットカードがなくても利用できる」こと。クレジットカードを持っていなくても、Vプリカであればオンライン決済が可能です。

Vプリカの使い道のメリット3つめは「1つのカードで複数のサイトで利用可能」なことがあります。Vプリカは、1つのカードで複数のサイトで利用できるため、オンラインショッピングやゲーム課金などさまざまな使い道があります。

Vプリカの使い道で券面デザインで遊ぶ使い方

このため、Vプリカの主な使い道は、オンラインショッピングとゲーム課金です。とくに海外ゲームサイトは、Vプリカの使い道として重宝されています。また、国内ゲームサイトも、Vプリカはプリペイドなので入金額が上限となるため、使い過ぎを防ぐという使い道もあります。

なお、Vプリカの使い道に、券面のデザインを楽しむという使い方もあります。Vプリカの使い方では、実際のプラスチックカードは発行されない仕組み。とはいえ、Vプリカの使い方では、もともと4種類のデザインから選択可能です。

しかも「VプリカOnlineShop」では、HYDEやDetonatioNとコラボレーションしたデザインのVプリカギフトも販売されています。こうしたデザインを楽しめるのも、Vプリカの使い道の1つなのでした。

■「Vプリカの使い方」おすすめ記事
審査なしでクレジットカードが持てる「Vプリカ」
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ
Vプリカは使い方次第でずっと無料視聴ができる

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • NHKプラス登録で受信料を払っていないとバレる?
    NHKプラス登録で受信料を払っていないとバレる?
  • AIのべりすとは小説を完成させるためのツール
    AIのべりすとの使い方は小説を完成させるための補助ツール
  • PayPayポイント運用で手数料を節約する裏ワザ
    PayPayポイント運用で手数料を節約する裏ワザ
  • 千円単位で超有名企業に投資できるスマホ証券は?
    千円単位で超有名企業に投資できるスマホ証券は?

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次