ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ

Vプリカは無闇に個人情報が伝わるのを防止して安全に買い物できるのが本来の使い方。しかし、使い方次第では、Vプリカはクレジットカード番号ジェネレータにもなりかねません。カード番号で登録回数を制限しているサイトで、Vプリカでカード番号を再発行する使い方が使われるのです。



スポンサーリンク
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ

Vプリカの使い方の本来の目的

「カード情報を盗まれて勝手に利用されたくない」「散財するのを防ぎたい」など、クレジットカードの諸問題を解決してくれるプリペイド型クレジットカード「Vプリカ」です。

ポイントもつかず、維持費もかかりますが、コンビニなどで利用分のお金を支払えば、本人確認なしで入手できます。ただし、再発行によりクレジットカード番号を変更するにはVプリカ公式サイト(http://vpc.lifecard.co.jp/)から行う必要があります。

そもそもVプリカの使い方は、通販会社などに無闇に個人情報が伝わるのを防止し、安全に買い物ができるのが本来の目的。しかし、身分を詐称するなど匿名でカード機能だけ使いたいという裏の使い方も可能です。

Vプリカの番号を変更する使い方

さらに、このVプリカは「再発行ボタン」でいつでもカード番号を変更するという使い方ができるため、無限に有効なカード番号を取得できてしまいます。いわば、謹製クレジット番号ジェネレータです。

動画サイトの無料お試しサービスなど、カード番号を個人認証に使って登録回数を制限しているサイトでは、番号を変更することで何度も登録できてしまうことがあるのです。

例えば、動画配信サービス「Netflix」の無料視聴は1か月間。が、Vプリカならカード番号を再発行して番号を変え、別のフリーのメールアドレス利用で再度登録が可能になります。退会手続きの処理をお忘れなく…。この情報は『ラジオライフ』2016年2月号に掲載されていました。

■「Vプリカの使い方」おすすめ記事
審査なしでクレジットカードが持てる「Vプリカ」
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる

■「クレカ」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事