ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

転売ヤーは専門フリマアプリを商品で使い分ける

転売に欠かせないのが商品に適した仕入れと転売先。とくに転売先次第で、儲け額も大幅に変わります。転売先は、かつてはヤフオク!が定番でしたが、最近ではさまざまなフリマアプリが登場。販売する商品のジャンルによって使い分けるのが転売ヤーの常識です。専門フリマアプリを見ていきましょう。


スポンサーリンク
転売ヤーは専門フリマアプリを商品で使い分ける

アニメオタク向けのフリマアプリ

「オタマート」はアニメオタク向けのフリマアプリで、メジャー・マイナー作品問わず、オールジャンルのアニメグッズが取引されています。同人誌やコスプレグッズなどもあり、他のフリマアプリに比べてかなりマニアックです。

キーホルダーなどの小物でも、落札されやすい傾向にあります。出品金額は0円で、販売手数料は10%。10,000円以下の売り上げ金を引き出すには手数料が210円かかってしまいます。

実際に中身を見てみると、マイナー作品のグッズ転売に向いており、缶バッジやキーホルダーなども落札されやすい傾向。『ワンピース』など有名な作品のグッズはヤフオク!などを利用したほうがよいでしょう。

本のフリマアプリは最短10秒で出品

「ブクマ!」は書籍・雑誌専用のフリマアプリで、本のバーコードを撮影してISBNを読み取ると、書名・出版社・著者・定価を即座に表示。商品の状態を4段階から選び、ちょっとしたコメントを付け足せば出品完了です。

わざわざ本の画像を撮影したりする手間はなく、最短10秒で売りに出せます。出品金額は0円で、販売手数料が10%。本を大量に売りたい場合にすごく便利で、販売価格は全体的に高めに設定されています。

「nojimaフリマ」は家電量販店のノジマによる家電・デジタル機器専門のフリマアプリ。2017年5月にスタートしたばかりなので、まだユーザー数は少なく、出品されている商品はジャンクが6割を占めている状態です。

出品金額は0円で、販売手数料は10%。売り上げ金をnojimaのポイントで受け取ることで手数料が0円になったり、商品の検索やスペックの自動入力が可能だったりと、今後に期待したい可能性を秘めています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事