ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Twitterで乗っ取り防止のためしておくべき設定

つぶやきが炎上するなど、世間でも話題によく上る「Twitter」。そして、Twittwrでたびたびニュースになるのが「アカウント乗っ取り」です。コミュニケーションツールとして、今や必需品となったTwitterにおけるアカウント乗っ取りによるダメージは取り返しがつきません。Twitter乗っ取り防止のためにしておくべき設定を見ていきます。


Twitterで乗っ取り防止のためしておくべき設定

Twitterの乗っ取りを防止のための設定

Twitterを使っていると、他人には見られたくないDMや個人情報を扱うことも少なくありません。このため、Twitterは乗っ取り防止のためのセキュリティの強化は必須です。

また、Twitterのアカウントを仕事関係の人に知られたくない場合、電話番号やメールアドレスで検索できないようにしておくと安心です。身元がバレる「身バレ」を防ぐセキュリティ設定は「プライバシーとセキュリティ」の設定から行えます。

Twitter乗っ取りを未然に防止したいなら、2要素認証を設定するのが鉄則です。設定画面を開き、画面下の「設定とプライバシー」を選択。「セキュリティとアカウントアクセス」の「セキュリティ」を選択します。

Twitterで身バレ防止には2項目をオフ

ここで「2要素認証」を選択して、認証コードの受け取り方法を選択します。選べるのはテキストメッセージと認証アプリとセキュリティキーの3種類です。

このうち、認証アプリは日本語対応のアプリが少ないため、ショートメール(SMS)を使ったテキストメッセージを選ぶとよいでしょう。

Twitterの身バレを防ぐ設定方法は「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」→「見つけやすさと連絡先」で行います。友達や家族に自分のTwitterの存在を知られたくない場合は、「見つけやすさ」の2項目ともオフにしてください。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事