ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

世界中のテレビが見られる「UBOX」シリーズとは

テレビで各種動画サービスが見られるメディアストリーミング端末。その傑作モデルが「FireTV」ですが、その裏モデルといえるのが香港製の「UBOX」シリーズです。その存在を確認できたのは2016年の「UBOX3 S900 Pro 16G」。以降、検証を重ねてきました。現行機は「UBOX4」になります。


世界中のテレビが見られる「UBOX」シリーズとは

UBOXシリーズはAndroidOSがベース

「UBOX」シリーズはAndroidOSをベースにしている点はFire TVと同じですが、標準搭載しているアプリが便利過ぎ…、いや凶悪なのです。中国では一部の日本コンテンツを公式配信している一方で、無法に公開している例も少なくありません。

地デジ&衛星放送をリアルタイムで再送信していたり、VODでアニメやドラマが自由に見られたり…。UBOXに実装されたアプリからなら、これらを配信している中国人向け裏サーバにアクセスできてしまうのです。

なお、これらのアプリのAPKをネット上から入手して、普通のAndroid端末にインストールしただけでは視聴できません。恐らく、端末がキーとなって管理されているのでしょう。実勢価格は16,980円~となっています。

UBOXシリーズが支持されている理由

そんなUBOXシリーズが支持されている1つめの理由は、テレビにつないでリモコンで操作できること。テレビとHDMIケーブルで接続。そして、LANケーブルでネットにつなぐだけで準備は完了です。付属リモコンで操作するので、Fire TVのように使えます。

UBOXシリーズが支持されている2つめの理由は、世界中のテレビがリアルタイムで見られること。アジアからヨーロッパまで、世界各国のテレビ放送をリアルタイムで再送信。日本の番組は、東京・関西の地デジと有料放送を含めたBS/110度CSもカバーしています。

UBOXシリーズが支持されている3つめの理由は、リアルタイム再送信とVODに対応していること。テレビのリアルタイム視聴と、VODの両方に対応したアプリを搭載。ドラマやアニメのVODには、「日本」カテゴリーがあり、新作もカバーしている始末。仕事が早い専門の管理人がいるのでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事