ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

万能な動画再生「定番プレーヤー」使いこなし術

フリーソフトの「VLC media player」は、動画再生の定番プレーヤーの1つです。MP4やAVI形式の動画はもちろん、TS抜きをしたTSファイルや、DVDをリッピングしたISOイメージの再生など、多用な動画形式に対応。そして、インターレースの解除や縦横回転の調整など、再生に関してだけでも重宝する機能が満載です。


万能な動画再生「定番プレーヤー」使いこなし術

動画再生プレーヤーでファイルを変換

再生ソフトながら、VLC media playerはファイル形式の変換が可能。ファイルを選び、プロファイルで形式を指定すればOKです。FLV形式の動画を簡単にMP4形式に変換できました。以前のバージョンからある機能ですが、安定度が増して実用的になっています。

VLC media playerは再生画面のダイレクト録画が可能です。「表示」→「拡張コントロール」を有効にすると、ツールボタンが追加されます。

動画やDVDを再生中にこの赤い録画ボタンを押すと、その再生画面のキャプチャが可能というわけです。録画ファイルは、ビデオフォルダにMPEG形式で保存されます。

スマホの動画をテレビで再生する

VLC media playerは2.0以降のバージョンから、暗号化されていないオリジナルBD(BDMV)の再生が可能になりました。標準設定はDVDなので「メディアを開く」→「ブルーレイ」を選択すればOKです。

なお、AACSに関するデータ「KEYS DATABASE」「AACS DYNAMIC LIBRARY」を組み合わせれば、市販BDソフトの再生も可能になります。

VLC media playerは、スマホ用のVLCアプリがバージョンアップしたことで、同一ネットワーク上にあるChromecastへの転送が可能になりました。再生画面右上のキャストボタンをタップすると、スマホの動画をテレビに表示させられます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事