ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パソコンとスマホでYouTube広告を消す方法とは

YouTubeの再生前や再生中などに表示される広告は、ホントに邪魔なもの。それらのすべてをきれいさっぱり消すことは難しいのですが、無料ツールである程度は対策することが可能です。PCならブラウザにアドブロックアドオン、スマホならアドブロックアプリを導入してYouTube広告を消しましょう。


パソコンとスマホでYouTube広告を消す方法とは

YouTube広告を消す「Adblock Plus」

YouTubeに表示される代表的な広告には「インストリーム広告」と「ディスカバリー広告」の2つがあります。

動画の再生前・再生中・再生後に表示される、大きめの広告がインストリーム広告。スキップできるものとできないものがあります。一方、検索結果や関連動画に表示される動画広告がディスカバリー広告。クリックすると動画広告が再生される仕組みです。

YouTube広告を消す方法は、PCならアドブロックアドオンをブラウザに導入。広告をブロックするアドオンは各種あります。中でも定番が「Adblock Plus」。ブラウザにインストールするだけでOK。うまく機能しないなら、他も試してみましょう。

なお、Adblock Plusが有効だと、正常に動作しないページもあります。その場合は、Adblock Plusを無効化すれば問題なく動作するはずです。

YouTube広告を消すアプリを導入する

スマホのYouTube広告を消す方法は、iPhoneならSafariにアドブロック機能を追加します。App Storeから「広告ブロック for youtube !」をインストール。そして、Safariの設定内にある「コンテンツブロッカー」を開きます。

ここで広告ブロック for youtube!の「AdBlock」を有効にして、SafariでYouTubeにアクセスするだけです。ただし、YouTubeアプリでは機能しません。

Androidなら改造アプリ「YouTube Vanced」を導入。YouTube VancedはYouTubeアプリの改造版なので、Google Playではなく公式サイトからAPKを入手します。提供元不明アプリのインストールを許可して導入するのです。

YouTube Vancedは、広告カット機能が標準で動作。ディスカバリー広告やインストリーム広告が再生されません。動画視聴が捗るでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事