ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

見たい動画をすぐに探せるYouTube検索テクニック

Googleには動画検索機能があり、YouTubeの動画もここから探せます。しかも、YouTubeの検索フィルタよりも詳細に条件を絞り込むことが可能。YouTubeはアップロード日を「今日」「今週」「今月」などでしか検索できませんが、Googleの「ツール」を使えば、より具体的な日にちを指定できます。


見たい動画をすぐに探せるYouTube検索テクニック

動画検索は絞り込みツールを活用する

どうしても見つからない動画は、Googleを活用しましょう。Googleの動画検索でぜひ活用したいのが検索窓の下に並ぶメニューにある「ツール」です。検索結果をさまざまな条件で絞り込めます。

「すべてのサイト」を「youtube.com」に変更すると、YouTubeの動画だけがヒットするように変更可能です。「再生時間指定なし」を開くと、動画の長さで検索結果を絞り込めます。3つから選択可能です。

「期間指定なし」では投稿日を絞り込めます。「期間を指定」なら、具体的な日付の指定が可能です。「すべての画質」を「高画質」にすると、低画質動画を除外できます。また「すべての動画」を「字幕付き」にすると、字幕の用意された動画だけをヒットさせることが可能です。

Bingの動画検索はプレビュー再生可能

YouTubeの検索はタグなども検索対象となるため、目的と異なる動画が大量表示されがち。このような動画を弾くには検索演算子を使います。

不要なワードを除外するなら「-(ワード)」とすることで、そのワードを含む動画を除外できます。例えば「歌ってみた -ボカロ」といった具合です。ボカロを除外した歌ってみた動画が検索できます。このほか「allintitle:(ワード)」と入力すると、検索対象を動画のタイトルのみにできます。

Microsoftの検索サービス「Bing」にも、動画検索機能があります。こちらは動画がカタログ状に表示されて、サムネイルにマウスカーソルを合わせると、その場でプレビュー再生ができるので、目当ての動画を探しやすいのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事