ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

キー局とひと味違う民放YouTube公式チャンネル

チャンネル登録者が少なめなYouTubeの「公式チャンネル」は魅力的です。何とか見てもらおうと、工夫を凝らした動画を継続的に発信しています。とくにキー局とは一味違う動画ラインアップが楽しめるのが、FMラジオ局やローカルTV局などの民放のYouTube公式チャンネルです。


キー局とひと味違う民放YouTube公式チャンネル

民放ラジオのYouTube公式チャンネル

「レディオキューブFM三重」は、三重エフエム放送が運営している公式チャンネルで、デジタル化に移行した選曲システムや編集風景など、ラジオの裏側まで見せてくれます。

現役パーソナリティが進行しており、聞き心地はバツグンです。地元のグルメ紹介コーナーもあり、ラジオコンテンツを目でも楽しめます。

キューシートや音声編集の手順まで惜しげもなく公開。生放送前の下読みでは、壊れたストップウォッチの代わりにiPhoneのタイマーを使っていました。

「KNB公式チャンネル」は地元・富山に密着した構成で、最近は夕方ニュースの人気コーナー「つくる」の過去放送分を鋭意アップ中。1本あたり約2分半と短めですが、職人たちの神業や心得を堪能できます。刀鍛冶や金箔を扱う砂子師など、チョイスがシブいYouTube公式チャンネルです。

民放テレビ局のYouTube公式チャンネル

過去にライブ配信した高校サッカーなどの動画は、アーカイブとして全編残してあります。地元の現役選手にとって貴重な資料でしょう。

「MBS さいよんチャンネル」は「MBS毎日放送の採用情報を発信する」という一風変わったコンセプトのチャンネル。カメラマンやディレクターの仕事内容紹介など、裏方の技術や苦悩も垣間見れます。甘酸っぱさも覚える、新入社員制作のドキュメンタリーも必見です。

人気YouTuberと新入社員がタッグを組んだ、「フワちゃんと13人の新入社員」も連載中。意外と真面目なフワちゃんにびっくりです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事