ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブラウザ保存のパスワードを抜き出す手口と対策

浮気調査において探偵が最初に調査するのは個人のパソコン。パソコン内にはSNSやメールの履歴、さらには浮気相手との写真など、プライベートな情報がたくさん保存されているからです。パソコンで真っ先に狙われるブラウザのパスワードを盗み出す手口とその対策を見ていきましょう。


ブラウザ保存のパスワードを抜き出す手口と対策

ブラウザ保存のパスワードを一覧表示

「Google Chrome」「Firefox」「Internet Explorer」「Opera」などのブラウザには、Webサービスのログインを補助するためにIDとパスワードが保存されています。IDとパスワードの自動入力でログインしている人は多いはずです。

こうしたブラウザに保存されているIDとパスワードを一覧表示できるソフトが、「WebBrowserPassView」です。基本的には、パスワードをうっかり忘れた際に重宝するソフトと言えます。

WebBrowserPassViewは起動するだけで、ブラウザに保存されているIDとパスワードが一覧で表示される仕組み。面倒な設定やインストールが不要というお手軽さも魅力です。

パスワード管理ソフトで暗号化する

そして、探偵が浮気調査などで利用するのも、このパスワード一覧表示ソフト。このようなブラウザ保存のパスワード流出を防止するには、ブラウザからすべてのアカウント情報を消してパスワード管理ソフトを使う対策が有効です。

「KeePassXC」は複数アカウントを一括管理できるソフト。アカウント情報は暗号化され、マスターパスワードが分からない限り開けない仕組みになっています。保存したIDやパスワードを自動入力してログインする機能もあって、ヒジョーに便利です。

初回起動時に「新しいデータベースを作成する」をクリックし、マスターパスワードを設定。「エントリー追加ボタン」をクリックして、タイトル・URL・パスワードなどのアカウント情報を入力します。

保存ボタンをクリックすると、データベースファイルを作成。このファイルは暗号化されているので、マスターパスワードを入力しないと開けない仕様です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事