ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEの情報漏洩対策でやっておくべき設定とは?

日常のささいなやり取りからナイショの会話まで、手軽な連絡手段として重宝されているLINE。しかし、LINEは設定を間違えると情報が投影してしまいます。実際、探偵が身辺調査するときもLINEは重点調査対象となるほどです。情報漏洩対策でLINEでやっておくべき設定を紹介しましょう。


LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

LINE情報漏洩対策はまずロックをかける

LINEの設定を放置すると情報漏洩の危険があります。実際、LINEの情報漏洩で浮気がバレるケースが頻発。心当たりがある人は、LINEの情報漏洩対策のために設定を見直しましょう。

実際、探偵はLINEからトーク内容を動画保存するとか。トーク履歴はテキストファイルにしてメールで送ることもできます。

このため、LINEの情報漏洩対策の設定では、まずLINEにロックをかけること。次に、LINEの不要なトーク履歴を削除しておきます。最後に、通知をオフにするにことも忘れてはいけません。
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

LINEの情報漏洩は設定で対策できる

情報漏洩対策のためのLINE設定は、これだけではありません。自動で友だち追加させないことも大切。自分が誰かの友だちに勝手に追加されることを防ぎます。

LINEによる浮気バレの多くは、画面にメッセージ内容まで通知が出てしまうこと。LINEの情報漏洩対策にメッセージ内容を非表示にしておきましょう。

LINEの設定でEnterキー送信はオフにします。「Enterキーで送信」がオンだと、改行ボタンが送信ボタンとなり、メッセージを誤送信しやすくなります。LINEの情報漏洩の危険はなるべく排除しておくのです。
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定


LINEの情報漏洩対策にプライバシー管理

タレントの不倫の証拠として、LINEのメッセージのやり取りの画面が、そのまま週刊誌に掲載されて話題になりました。LINEで扱われる情報をきちんとコントロールし、個人情報が漏洩しないようしっかり対策しておきましょう。

LINEでは、個人間のメッセージ以外の操作内容は、運営会社に送られています。どのスタンプをいつ押したか、企業広告をいつ見たか、LINE@アカウントとのやり取りなどすべて筒抜けになっているというわけです。

情報漏洩の対策には、LINEの設定の変更が必要。「プライバシー管理」から「情報の管理」を開き、「コミュニケーション関連情報」をオフにします。これでほとんどの情報が、LINE運営会社に見られずに済むようになります。位置情報などもオフにしておくと安心です。

LINEは情報の垂れ流しを防ぐ設定変更の必要アリ

LINE情報漏洩対策に送信を止める

LINEの情報漏洩対策で一番重要なのは「情報の提供」で、LINE運営会社へのデータ送信を止める設定にすること。「広告の設定」は、広告表示の際に自分の情報を渡さないようにできます。

具体的には「情報の管理」を開いて「コミュニケーション関連情報」をオフ。これでほとんどの情報が、LINE運営会社に見られずに済むようになります。位置情報などもオフにしておくと安心です。

なお「LINE Beacon」は、位置情報と連動してお得なクーポンなどが受け取れるサービスに関する項目。LINEの情報漏洩が心配ならオフにしておくとよいでしょう。

広告会社に情報を与えないようにするには「ウェブ追跡型広告の受信」をオフ。すると、広告表示の際に個人の特定ができない状態になります。

■「LINE設定」おすすめ記事
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEブロックを確認するスタンプのプレゼント
LINEふるふる機能で知らない人と知り合う

■「LINE」おすすめ記事
LINE新規登録に2台持ちガラケーでアカウント開設
LINEも登録できる完全匿名ケータイの作り方
LINEスタンプ販売で儲けるための傾向と対策
LINEアカウントが匿名で作れる「Travel SIM」

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事