ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブラウザにパスワードを保存すると危険なケース

ショッピングサイトやサブスクリプションサービスなど、Webブラウザ上からログインIDやパスワードを入力することは少なくありません。そこで、WebブラウザにはID・パスワードの保存機能があり、うまく活用すれば入力の手間が省け便利です。ところが、ある条件が揃うと、保存されたパスワードを抜き取れてしまうのです。


ブラウザにパスワードを保存すると危険なケース

ブラウザ保存パスワードの抽出ツール

ネットショッピングをはじめ、Webブラウザ上からID・パスワードを入力して利用するサービスを便利に使うために、Webブラウザはパスワード保存機能を備えています。Webブラウザに保存されたバスワードは、セキュリティのため暗号化して保存されています。

ところが、ノートパソコンを他人が触ることが可能な状態では、パスワード解析ツールでWebブラウザへ保存されたパスワードを取り出せることがあります。この際に使われる代表的なツールが「WebBrowserPassView」です。

WebBrowserPassViewはWindows上で動作するツールで、 「Internet Explorer」「Mozilla Firefox」「Google Chrome」「Safari」「Opera」の解析に対応するとされています。実際、Google Chromeを使用中のパソコンでWebBrowserPassViewを動作させると、保存されたパスワードの抽出に成功しました。

ブラウザのパスワード保存機能は危険

Google Chromeには、保存されたパスワードの表示機能がありますが、GoogleアカウントやWindowsのパスワード入力が必要。一方、WebBrowserPassViewではGoogleアカウントのパスワードなしでパスワード解析ができるため、非常に危険です。

Webサイトをより安全に利用するには、Webブラウザのパスワード管理機能ではなく、よりセキュリティが高いパスワード管理ツールを導入する方が確実。「KeePassXC」は、無料で利用可能なパスワード管理ツールで、パスワード保存に加えパスワード生成機能も備えています。

KeePassXCを利用する際には、インストール後の初回起動時に「新しいデータベースを作成する」をクリックし、マスターパスワードを設定。あとは、ログインIDとパスワードを保存したいWebサイトのURLやID・パスワードを登録していけばOKです。

■「パスワード」おすすめ記事
忘れてしまったPDFのパスワードを解除する方法
WEP方式のWi-Fiパスワードは解析できてしまう
思い出せないZIPファイルパスワードを高速解析
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難

■「セキュリティ」おすすめ記事
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
Amazon偽サイトでありがちなURLの違いとは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事