ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

変換コネクタ型ハッキングツールがデータを盗む

「Hak5」は2005年に設立された情報セキュリティ企業。既知のハッキング技術を使って、システムに侵入を試みるペネトレーションテスト(ペンテスト)用機器を開発しており、公的機関などへの納入実績もあります。そんなHak5でイチオシと思われる最新のハッキングツールに迫ってみましょう。


変換コネクタ型ハッキングツールがデータを盗む

変換コネクタ型のハッキングツール

「O.MG ADAPTER」は、見た目は単なる変換プラグですが、Wi-Fiを内蔵。Type-C側がハック用端子で、iPhoneのデータなどがターゲットです。接続された機器のデータを盗み出せます。

ハッキングツールとして機能するのはUSB Type-C側のみでType-A側はデータパススルー。つまり、デバイスからは単なる変換コネクタとして扱われるので、接続されたホスト側の機器から検出されることはありません。

USBのデータはパススルーなので、普通に変換アダプタとして使えるのが曲者。まさかこれがハックツールとは思わないでしょう。価格は179.99ドルです。

遠隔操作ができるハッキングツール

「O.MG PLUG」は、自動で不正プログラムを送り込み、さらに内蔵のWi-Fiで遠隔操作を可能にするというハッキングツール。しかもスマホからでも使えるよう、Webブラウザからコントロールできます。

どちらかといえば不正プログラムを一瞬で仕込むUSBメモリ「USB RUBBER DUCKY」の亜種。自動で不正プログラムを送り込むだけでなく、Wi-Fiを使って外部から遠隔操作で機器を掌握することが可能です。

ブラウザからコントロールできるお手軽仕様で、使い勝手も考慮されています。優しいのか優しくないのかよく分からない仕様。価格は74.99ドルです。(文/pusai)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事