ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

テレワーク監視の目を欺く「Shadow Mouse」とは

テレワークの皆さん、きちんと自宅で仕事できていますか? 自宅にいると小さな用事が結構あるもの。子どもやペットの世話、掃除や洗い物などの家事、そしてマンガやゲームの誘惑も…。後者のケースはさておき、ちょっとした用事でサボり認定されないようにしたいものです。テレワーク監視の目を欺く「Shadow Mouse」を見ていきます。


テレワーク監視の目を欺く「Shadow Mouse」とは

テレワーク監視を欺けるUSBアダプタ

テレワークを監視する側のツールはさまざまリリースされていて、中にはPCのWebカメラで様子を覗き見するモノも…。さすがにやり過ぎでプライバシーの侵害ではとの見方もあり、実際にはPCのアクティブ検出のみというマイルドなツールの利用が現実的なところではないでしょうか。

そういった比較的マイルドなテレワーク監視ツールの場合、監視の目をごまかすことは比較的容易です。マウスやキーボードを絶えず動作させておき、PCは動いている、つまりアクティブであると監視システムに認識させればいいわけです。

それを実現できるツールが、「Shadow Mouse」というUSBアダプタ。これをPCにUSB接続してボタンを押すだけで、マウスのカーソルを左右に動かし続けることができるのです。昼寝しようが外出しようが、PCはスリープせずに動き続けます。

テレワーク監視を欺くカーソルの動き

使い方はシンプル。Shadow MouseをUSBでPCに接続して、本体のボタンを押すだけ。停止する時は再びボタンを押せばよいのです。

これでPCに一切触れていなくても、マウスのカーソルが右に左にと動き続けます。カーソルを画面下部などに持っていけばカーソルが動いていることさえ見えません。Shadow Mouseを起動している間はPCがスリープ状態にならないので、テレワーク監視ツールを欺けるというわけです。

Shadow Mouseは本来、PCの設定を変更せずスリープに状態にならないようにするためのツールです。大容量のファイル転送やダウンロード、長時間のレンダリングの際にPCがスリープしてして処理が止まることを回避するために開発されました。

しかし、オンラインのアクティブ検知回避にも有効という発想の転換により、テレワークが普及した今、再び注目を浴びることになったというわけ。実勢価格は2,580円です。(文/もとやす)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事