ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

まるでスパイ映画のようなルーズリーフ型カメラ

コーヒーカップや電源コンセントなど、さまざまな物に姿を変えつつカメラ機能を備えるスパイカメラ。一見して手帳にしか見えない、ルーズリーフ型の小型カメラが登場しました。Wi-Fiに対応し、遠隔操作もできるとのこと。まるでスパイグッズのようなルーズリーフ型小型カメラを詳しく見ていきましょう。


まるでスパイ映画のようなルーズリーフ型カメラ

スマホで縁覚操作できるスパイカメラ

映像機器・防犯用品メーカーのサンメカトロニクスの新製品「NB-200W」は、ベーシックなシステム手帳に見えますが、開くと内部がくり抜かれ小型カメラを搭載しています。

まるでスパイ映画に出てくる調査道具そのものですが、最新の技術が盛り込まれて使い勝手もバッチリ。Wi-Fi機能を搭載し、スマホと接続すると「PV Cam Viewer」という汎用アプリで操作が可能です。画角を確認しながら撮影でき、遠隔操作もできます。

カメラはルーズリーフの芯の頂点部分に搭載されており、秘匿性が高いため会議などでテーブルに出しても違和感はありません。何かしらの証拠撮りに使えそうです。なお、手帳の最初の数枚は実際に書き込めます。

本物の機能を備えるスパイカメラ事情

この他に、サンメカトロニクスのコーヒーカップ型カメラ「PC-550W」もWi-Fi対応のスパイカメラです。見た目は、コンビニやコーヒーチェーン店のコーヒーカップそのもの。手に持ったまま画角を調整して撮影可能で、スマホで確認すれば撮り逃しを防げるでしょう。

最近のスパイカメラは実際に物として使え、かつWi-Fi対応によりスマホで操作できるアイテムがトレンド。防犯グッズを販売するアキバガレージの「ABC-IGY7」は、最近流行りのQi対応ワイヤレス充電器型のWi-Fiカメラです。

実際にiPhone8などを置くとワイヤレス充電ができるのですが、本体に小型カメラを搭載しており、スマホで操作可能。レンズを160度の範囲で可動できるのも特徴です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事