ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りは都心部が光電式で地方はレーダー式

「ネズミ捕り」と呼ばれるスピード違反の取り締まりには2種類あります。車速の計測に道路上に設置した光電センサーを使う光電式と、道路脇からレーダー波を使うレーダー式です。都心部のネズミ捕りは光電式が多く、地方はレーダー式が多いといわれています。ネズミ捕りの仕組みを見ていきましょう。


スポンサーリンク
ネズミ捕りは都心部が光電式で地方はレーダー式

ネズミ捕り現認係の高い動体視力

有人式スピード違反取り締まりの「ネズミ捕り」は、警察官が連携するため手強い存在です。所轄警察署の交通課に加えて、交通機動隊の白バイ隊員も神出鬼没で実施するので対処も難しいのです。

ネズミ捕りの流れはまず、設定した速度以上のクルマを感知すると現認係のヘッドセットが「ピーッ」と反応。そして停止誘導係が、現認係が告げるクルマのナンバーなどを元に違反車を停止させます。

その際、現認係には高い動体視力が必要。スピードのあるクルマのナンバーを見極めなければならないからです。実際、現認係の動体視力は相当高いとか。ナンバー、クルマの車種・特徴、乗車している人まで把握できます。

ネズミ捕りの光電式とレーダー式

この現認係が車速の測定に使用する装置には、光電式とレーダー式があります。光電式は送受光器と反射板のセットを3m間隔で設置。この間を何秒で走るか時間を計測して、速度を測定する仕組みです。

光電式は、送受光器を道路上に設置する必要があるため、バイクなどが衝突しないようにパイロンを設置しています。光電式は現認係の横で測定しているので、パイロンを見つけてから速度を落とせば違反せずに済む可能性は大です。

一方のレーダー式は、10.525Ghzの電波を走行する車に当てて、跳ね返る周波数の変化で速度を測定します。現認係の数十メートル手前で速度が測定されるため、その存在に気づいたときには手遅れというケースがほとんどです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事