ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

レンタカーなどレーダー探知機が手元にないときに重宝するのがオービス検知アプリです。おすすめは新型オービスにもさっそく対応している「早耳ドライブ」。基本無料で使用できるだけでなく、面倒な事前登録も不要です。しかも、このオービス検知アプリはiOSにもAndroidにも対応しています。


スポンサーリンク
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

オービス検知アプリを選ぶポイント

レーダー探知機が手元にない時に、頼りになるのがオービス検知アプリです。オービスを検知するアプリは各種ありますが、選ぶべきは「早耳ドライブ」で決まりでしょう。

この種のオービス検知アプリを選ぶ際のポイントは、情報の更新速度と精度です。その点、早耳ドライブはどちらもクリアしています。

というのも、ドライバーの信頼の厚いオービス情報共有サイト「オービス・ガイド」と連携し、その情報を反映しているから。基本、無料で使えるのもありがたいところです。

オービス検知アプリは新型に即対応

例えば、埼玉県北本市と岐阜県大垣市に設置された、新型の移動式オービス。このオービス検知アプリではGPSデータを更新して即座に対応。オービスのアイコンは「i」となっています。

これで従来のオービス(監視カメラ風)と差別化しているというわけ。オービスマークをタップすると、設置地点の住所や写真が出る仕組みです。

なお、無料版では自車位置の近辺のみの情報となっていますが、拡張機能(360円)を購入すると全国のオービス位置をチェックが可能。広告を非表示にすることもできます。


スポンサーリンク

オービスアプリにYahoo!カーナビ

無料のカーナビアプリのベストと太鼓判を押せるのが「Yahoo!カーナビ」です。Yahoo! JAPAN IDでログインすれば「VICS」により、リアルタイムの交通情報が反映されて渋滞状況が把握できます。

しかも、Yahoo!カーナビはオービスアプリとしても活用可能。「アプリの設定」→「スピード注意情報」でオンになっていれば、オービス設置地点が「SLOW」と表示されるのです。埼玉県と岐阜県に設置されている最新の移動式オービスにも対応しています。

このほか、トンネルの中などオフラインの環境下でもクルマの追跡表示が可能なのも、うれしいところ。GPSの精度やアナウンスのタイミングもバッチリです。3Dマップも表示されるので、まさにカーナビ代わりになるアプリです。

オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

オービスアプリで写真や動画を確認

「オービスガイド」は、全国のオービス情報を網羅する情報サイト。現地調査による信頼性の高い取り締まり情報で知られています。このサイトが提供するオービスアプリが、その名も「オービスガイド」です。

オービスや取り締りポイントの2km前になると警告を開始。オービスの種類・制限速度・カメラの位置を、距離に応じて3段階でアナウンスします。収録データはオービスを600件以上、Nシステムを2,000件以上、ネズミ捕りを1,500件以上、検問を1,000件以上です。

このオービスアプリは、オービスの設置場所を写真や動画で確認できるのもポイント。ドライブ前にコースの予習しておくことが可能です。さらに「オービスを動画で確認する」を選ぶと、運営者が撮影したオービス通過時の動画を視聴できます。

アプリはApp Store、Google Playで入手可能。広告付き無料版と360円の通常版に加え、Androidにはオフラインマップ版があります。無料版は一部機能に制限があって、ネズミ捕りと検問の音声警告はフル機能版とオフライン版のみです。無料版の場合は、マーカー表示のみとなっています。

オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応

■「新型オービス」おすすめ記事
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
移動式オービスiMはレーダーで車速を計測する

■「オービス」おすすめ記事
オービスはGPSレーダー探知機じゃないと無理
新東名のオービスの遭遇ポイントをチェック!
ループコイル式オービスを目視確認するのは困難
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
オービスは4種類!自動取り締まり機の基礎知識
速度違反を無人で取り締まるオービス徹底解説

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事