ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りが高架下や陸橋に出没しやすい理由

オービスは警察官がいなくても、機械で自動的にスピード違反を取り締まる「無人式」。一方、警察官自らがスピード違反を取り締まる「有人式」は、オービスとは違ってまさに神出鬼没です。中でも特に気を付けたいのが「ネズミ捕り」。ネズミ捕りの特徴と回避するためのポイントを解説します。


スポンサーリンク
ネズミ捕りが高架下や陸橋に出没しやすい理由

ネズミ捕りでスピード違反を測定

まずは、ネズミ捕りでスピード違反を取り締まる流れを見ていきましょう。ネズミ捕りは「現認係が車速を測る」「停止係が違反車両を止める」「サイン会場で違反キップを切る」の3班構成です。

現認係は車速測定器の近くに待機し、行き交うクルマの速度を測定。スピード違反の車両を見つけ次第、停止係にそのナンバーを連絡するのが仕事です。車速測定器は光電式とレーダー式の2種類があります。

現認係から連絡を受けた停止係は最低でも2人以上で待機。停止旗を使って身振り手振りでスピード違反のドライバーにメッセージを送ります。万一、逃走車が出た場合にすぐさま追えるよう、近くに白バイを待機させているのも特徴の1つです。

ネズミ捕りの出没しやすいスポット

捕まったドライバーは、「違反事実」に署名するための場所、通称サイン会場へと誘導されます。サイン会場は、長机とパイプ椅子だけで作られた非常に簡易的なものから、マイクロバスの車内が会場として使われるケースまでいろいろです。

そして、ネズミ捕りの出没しやすいスポットとは現認係が隠れられ、停止係が突然飛び出してもキケンではなく、かつサイン会場が設置できるようなスペースがある道路ということ。そういった場所はある程度、限られてくるでしょう。

具体的には、「信号と信号までの間が長い直線」「頭上を高速道路などが走る高架下」「長い陸橋」などで出没するケースが多い傾向にあります。また、都市部では交通量が少ない休日の午前、郊外では平日の日中が狙われやすい時間帯です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事