ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りの光電式とレーダー式では何が違う?

「ネズミ捕り」は、警察官が連携して行う有人式スピード取り締まり。所轄の交通課に加えて、交通機動隊の白バイ隊員も神出鬼没で実施するので対処も困難です。そんなネズミ捕りには光電式とレーダー式が存在しています。ネズミ捕りの光電式とレーダー式では何が違っているのでしょう?


スポンサーリンク
ネズミ捕りの光電式とレーダー式では何が違う?

レーダー式ネズミ捕りは資格が必要

ネズミ捕りの流れを見ていきましょう。現認係は測定装置の背後の物陰に潜み、ヘッドセットを装着。設定した速度以上のクルマを測定装置が感知するとヘッドセットが「ピーッ」と反応します。

そして、停止誘導係が現認係が告げるクルマのナンバーなどを元に違反車を停止。そのままサイン会場へと誘導します。そして、サイン会場で違反キップにサインするというわけです。

このうち、ネズミ捕りの現認係が使用する測定装置には、光電式とレーダー式があります。主に都市部のネズミ捕りで使用されるのが光電式、地方がレーダー式。ちなみにレーダーを操作するためには、第二級陸上特殊無線技士の資格が必要です。

光電式のネズミ捕りに三角コーン

光電式のネズミ捕りは、道路上にレーザー光線を利用した送受光器と小型反射器の組み合わせを3m間隔で2セットを設置。その区間をクルマが何秒で走るか時間を計測して速度を算出するのです。送受光器を隠すために三角コーンがよく置かれています。

このため、光電式のネズミ捕りは送受光器を見つけてからでも速度を落とせば、違反せずにすむ可能性は高くなります。また、測定された数値が異常に高いと感じたら道路の凹凸による車の上下動の影響も疑ってみましょう。

レーダー式のネズミ捕りは、10.525GHzの電波を走っている車に当て、跳ね返る周波数の変化で速度を測定します。以前は電波を出しっぱなしでしたが、現在は警察官が選択器のボタンを押したときだけ断続的な電波を発射するステルス型が大半です。

それに伴って10.525GHzの電波を受信してネズミ捕りを警告するだけのレーダー探知機はなくなり、取り締まり位置情報とGPSが連動する機能が追加されています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事