ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りや追尾式を警察無線から察知する方法

デジタル化されている警察無線は、受信してもノイズだけしか聞こえません。しかし、無線の内容が聞けなくても近くにいるパトカーや白バイの存在を知ることができます。このため、使われている警察無線の周波数からパトカーのスピード違反取り締まりが行われていることを察知することができるのでした。


スポンサーリンク
ネズミ捕りや追尾式を警察無線から察知する方法

警察無線の周波数帯から追尾を警告

受信してもノイズだけのデジタル警察無線ですが、その割当周波数から県内系・部隊活動系・署活系・カーロケなどに分類できます。このため、警察無線から間接的に、近くにパトカーの取り締まりや検問があるかどうかを知ることができるのです。

この原理を利用しているのが、エフ・アール・シーの「FC-S117」。音声警告付きのお手軽受信機です。FC-S117は警察無線を受信すると、割当周波数から推測される“警告”を読み上げます。

例えば、受信ジャンル「警察VHF移動局」の電波をキャッチすると「パトカー無線を受信しました。パトカー、覆面パトカー、白バイの追尾にお気を付けて下さい」と、女性の声で警告してくれます。

ネズミ捕りの可能性が大の警察無線

このほか、警察無線で「交通取締連絡無線」を受信すれば、有人式のスピード取り締まりであるネズミ捕りのほか、シートベルト未装着の取り締まりなどが近くで行われている可能性が大ということです。

このような警察無線の受信機能は、GPSレーダー探知機にも搭載されています。「18バンド受信」などと記載されているのは、警察無線を含めた交通取り締まりに関する周波数帯の受信機能のことです。

なお、FC-S117は警察無線の音声警告以外にも、盗聴器やワイヤレスマイクなどの電波をあらかじめ登録済み。ワンタッチで受信できます。サイズ/重さは、62W×99.5H×36D㎜/147gとなっています。実勢価格は10,463円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事